スポンサーリンク

「停車」と「駐車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「停車」と「駐車」の違い乗り物
スポンサーリンク

この記事では、「停車」【ていしゃ】と「駐車」【ちゅうしゃ】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「停車」とは?意味

運転しているとき、一時的に運転手が車を離れて素早く用事を済ませたら即座に席に戻って発進させるためエンジンを稼動させて動かすことを「停車」【ていしゃ】と言います。

人が降りるために車を駅前に停めたり、道路を走らせて一旦停止させてトイレに行くわけです。

タクシーを停めさせて乗車するときや、バス停で降りるといったときも「停車」と言います。

しかし、道路の路側帯に長時間「停車」させておくと違反切符を切られてお金を払うはめになってしまいます。

「駐車」とは?意味

車のエンジンを止めて、ドアの鍵を閉めて離れることを「駐車」【ちゅうしゃ】と言います。

停める場所は専用の駐車場が一般的であり、ギアをパーキングに入れて完璧に車体が動かないようにして停めるわけです。

そして、買い物したり、用事を済ませるまで「駐車」しておき、用件が終わればエンジンをかけて発進させます。

車を停止させる場所はスーパーや施設、家の駐車場で、安全に停止させて鍵を抜いてしまうためすぐ運転できない状態にするときに使われています。

「停車」と「駐車」の違い

乗っていた車から荷物や人を降ろすため一時的に車両を停めるのが「停車」と言います。

路上に車体を停止させたらすぐに運転して発進させる状態にしておきます。

車を「停車」しておく時間としては、5分以内で用件を済ませて道路を走らせる状況にしておくわけです。

もう一方の「駐車」は、車専用の駐車スペースに入ってエンジンを止めたら鍵を抜き、長い間車から離れて用事を済ませるため運転手が離れます。

主な用事とは、デパートやスーパー、コンビニで買い物するときや、公園、施設で楽しむ際は必ず決められた駐車場に「駐車」させることが決まりです。

まとめ

一時的に車を停めるときはお金は取られませんが、駐車場に入れるときは有料になる場合がありますので事前に調べておくといいでしょう。

乗り物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典