スポンサーリンク

「異性の友達」と「恋人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「異性の友達」と「恋人」の違い生活・教育

この記事では、「異性の友達」「恋人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「異性の友達」とは?

「異性の友達」は、相手の人を男性、もしくは女性としてみておらず、自分の性別の反対である友達だという意味です。

つまり、恋愛感情がない状態で単なる友達であるというのがこの言葉になり、自分から見て、相手側から見て恋愛感情がなく、カップルになっていない状況を「異性の友達」と呼びます。

この言葉のポイントは、両者が恋愛感情がないか、片方が恋愛感情があってももう片方が恋愛感情がない点がポイントで、両者が恋愛感情を持てば、「恋人」となります。

「恋人」とは?

「恋人」は相思相愛であることを条件に名乗ることが許される両想いの人間がいるという言葉です。

ちなみに、「恋人」は、両想いであれば、男性と男性のカップリング、女性と女性のカップリングが許され、何も、男性と女性というカップリングでなければ名乗ることを許されないわけではありません。

要は、お互いを認め、カップルであると分かれば成立するのが「恋人」で片思いという状況になっていないのであれば、成立します。

「異性の友達」と「恋人」の違い

両者の違いは、男女の親友であるか、両想いのカップルであるかです。

「異性の友達」は、男女の親友で、両想いではありません。

一方で「恋人」は両想いであれば、男性と男性に女性と女性のカップリングでも「恋人」になります。

なので、「恋人」は、性別を択ばず、両者が恋愛感情を持ち、好きであるという感情があれば「恋人」です。

「異性の友達」の例文

・『異性の友達と呼べる人物には今まで出会ったことが無い』

「恋人」の例文

・『両者が恋をすれば、恋人でたとえ男性同士でも恋人である』

まとめ

「異性の友達」は、男女間ではありますが、恋愛感情はないです。

土地から片方に恋愛感情があってもカップルが成立していませんので、友達でしかありません。

一方、「恋人」は恋愛感情を両者が持っている点、カップリングが男性と男性とか、女性と女性でも成立していれば、「恋人」になり、性別を選ばないという点があります。