スポンサーリンク

「ユーザーid」と「パスワード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ユーザーid」と「パスワード」の違いIT

この記事では、「ユーザーid」「パスワード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ユーザーid」とは?

「ユーザーid」とは利用者を個別に判断させるための文字列や番号です。

インターネットのサービスやサイトは不特定多数が利用するので誰がどの利用者かを判別して管理する必要があります。

しかし名前で登録すると被ってしまい判別しきれないことも度々あるので被らないように全員別の文字列や数列にして管理できるようにしたものが「ユーザーid」です。

「パスワード」とは?

「パスワード」とは利用者が本当にその「ユーザーid」で登録した人かどうかを確認するための合言葉です。

「ユーザーid」だけでは登録した本人以外の誰かがなりすますこともできてしまうので、本人と登録したサイトしか知らない合言葉で本人だと証明する必要があります。

そのため「ユーザーid」を他人に知られていても「パスワード」が知られていないなら、他人がそのサイトやサービスで自分になりすますことはできません。

「ユーザーid」と「パスワード」の違い

「ユーザーid」「パスワード」の違いを、分かりやすく解説します。

ネット上のサイトやサービスで利用者を一人ひとり判別するための文字列や数列が「ユーザーid」で、実際にアクセスしている人が登録した本人か確認するための合言葉が「パスワード」です。

「ユーザーid」は同一サイトやサービスでは他の利用者と同じになることはありませんが、「パスワード」は他の利用者も同じ合言葉に設定していることもあります。

まとめ

サイトを閲覧するだけの利用者なら利用者の区別も管理も不要ですが、サービスを提供するなら個別の管理は必要不可欠です。

そしてその管理のために必要となるのが「ユーザーid」であり、「ユーザーid」を知っている他人ではなく本人であることを証明するためのキーワードが「パスワード」になります。

IT
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典