スポンサーリンク

「特性」と「特徴」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「特性」と「特徴」の違い生活・教育

この記事では、「特性」「特徴」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いと使い方をしっかりと把握していただいて、日々の様々なシーンで是非とも役立ててみてください。

スポンサーリンク

「特性」と「特徴」の違い

最初に「特性」「特徴」の違いをご説明致します。

「特性」「特徴」の違いについてですが、「特性」の場合は基本的に、そのものや人が持つ優れた性質や能力を指しております。

後者の「特徴」の場合は、目で見てすぐに他よりも目立つものや人を指しているのです。(際立っていること)

以上が「特性」「特徴」の違いとなります。

前者は性質や能力を指し、後者は他よりも目立っている点と理解していただければ、違いについて分かりやすいと思います。

「特性」と「特徴」の使い方の違い

次は「特性」「特徴」の使い方の違いについて解説します。

「特性」「特徴」の使い方の違いは、上記の違いにあてはめて考えていくと非常に分かりやすいと思います。

先ず「特性」の方は、そのものや人がもつ独特の性質や能力を指しております。

後者の「特徴」というのは、他よりも目立っているものや人の事を指しているのです。

したがって使い方としては、前者の場合「ステンレスの特性を活かしてみたので~」という使い方になります。

一方で後者の場合は、「他のサングラスよりも非常に特徴があるので分かりやすいと思い~」という使い方をする事ができます。

参考にしてみてください。

「特性」の意味

この項目では「特性」の意味を解説致します。

「特性」の意味としては、そのものや人が持つ独特の性質や能力等を指しております。

是非とも意味を理解して、日常に積極的に取り入れてみてください。

「特性」の使い方

次は「特性」の使い方をご説明致します。

「特性」の使い方は、意味を把握しておくと非常に使いやすくなるかと思います。

基本的にその人やものが持つ、独特の性質や能力等を指しているのです。

よって使い方としては、「あの人は芸術に関しては独特の特性を発揮する~」という使い方ができます。

また、「アルミの特性生かして製造される~」という使い方ができるのです、これはアルミの性質を指しているのがご理解いただけるかと思います。

是非とも参考にして役立ててみてください。

「特性」を使った例文

この項目では「特性」を使った例文を書いていきます。

・『戦闘機の特性を活かして、爆撃機の護衛を任せてみよう』
・『クマの特性としてはエサに対して非常に強い執着心を見せるようだ』
・『プラスチックの特性を活かして、安価に仕上げるようだ』
・『最近の家電の特性として、節電機能がついていることが多いようだ』
・『冷蔵庫の特性は食品を冷やすことに適しているのだ』
以上が「特性」を使った例文となります。

参考にしてみてください。

「特性」の類語

ここでは「特性」の類語を解説していきます。

「特性」の類語としては、「習性」「特色」「一癖」等が類語となります。

基本的にその人やものが持つ、性質を示している言葉が類語となりますので、把握して覚えておくと便利かと思います。

「特性」の対義語

次は「特性」の対義語を解説します。

「特性」の対義語としては、「通性」が対義語となります。

「通性」の意味は、一般的な性質や共通している性質を意味しているため、「特性」の対義語として成立します。

参考になれば幸いです。

「特徴」の意味

ここでは「特徴」の意味をご説明致します。

「特徴」の意味とは、一目見てそのものや人と認識できるほどに際立っている事を意味しております。(目立っている)

是非とも意味を把握して、役立ててみてください。

「特徴」の使い方

次は「特徴」の使い方を解説致します。

「特徴」の使い方としては、基本的に上記の意味へ、当てはめていくと分かりやすいと思います。

意味としては、一目みて分かるほどに目立っていることを意味しております。

したがって使い方としては、「彼のファッションセンスは特徴があるのですぐにわかる~」という使い方が一般的に認識されやすいと思います。

参考にしてくだされば幸いです。

「特徴」を使った例文

ここでは「特徴」を使った例文を書いていきます。

・『特徴のある癖を持っている人だ』
・『特徴のあるハットを着用している』
・『彼の特徴としては独特の話し方だ』
・『あの服は非常に特徴があるので一目見て分かる』
・『一度見たら忘れられないほどの特徴がある人だ』
以上が「特徴」を使った例文となりますので、参考にしてみてください。

「特徴」の類語

次は「特徴」の類語を解説します。

「特徴」の類語としては、「持ち味」「プロパティ」「指標」等が類語となります。

参考になれば幸いです。

「特徴」の対義語

ここでは「特徴」の対義語を解説していきます。

「特徴」の対義語としては、「類型」(的)となります。

この対義語の意味としては、これと言って目立つ点もなく、取り上げるほどの話題性もないという意味になります。

したがって「特徴」の対義語として成立しているのです。

参考にしてみてください。

「まとめ」

最後に「特性」「特徴」の違いや使い方のまとめに入ります。

「特性」というのは基本的にそのものや人が持つ、独特の性質を表す際に使う言葉になります。

そして、「特徴」というのは、一目見てその人やものだと認識できるほどに目立っている時に使う言葉となります。

是非ともこの2つの言葉の違いと使い方等を、把握して積極的に日常に取り入れてみてください。

以上が「特性」「特徴」の違いや使い方のまとめとします。