スポンサーリンク

「電気機関車」と「電車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「電気機関車」と「電車」の違い乗り物

この記事では、「電気機関車」「電車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「電気機関車」とは?

「電気機関車」は、人間を輸送するのではなく、コンテナやむき身の積み荷を輸送するための、電気エネルギーで走行する乗り物です。

この乗り物は、巨大なモーターを車列の一両に備えており、通常の「電車」と言われる乗り物のモーターよりも強力で複数の巨大モーターを一つの車両に搭載しています。

なので、人間が車両の中に入り込む余地はなく、運転席のみしか入ることができないのが「電気機関車」です。

「電車」とは?

「電車」は、電気をエネルギー源にしてモーターで走行する乗り物です。

この乗り物は、物資輸送を主とする乗り物とバスのように人間を載せて目的地に運ぶ乗り物があります。

そのうえで人間を目的地まで運ぶ間の居住性を重視した「電車」などもあり、人間が乗り込む際、長時間の移動に耐えることができる工夫をしているのが「電車」になります。

「電気機関車」と「電車」の違い

両者の違いは、目的が異なる乗り物である点で、「電気機関車」は、物資の輸送を目的とした乗り物であるに対して、「電車」は、物資の輸送も行えば、人間を目的地に送り届けるという役割があります。

なので両者の違いは、電車そのものも異なる点があり、パワー重視なのが「電気機関車」「電車」は、それほどパワーは重視していません。

「電気機関車」の例文

・『電気機関車で物資の輸送を行う』
・『電気機関車よりもディーゼル機関車のほうがパワーはあるがディーゼルはその分、空気を汚す』

「電車」の例文

・『電車が5分遅れて到着する』
・『電車を乗り間違え、戻る羽目になる』

まとめ

「電気機関車」については、ディーゼル機関車と同じで、物資を輸送するために生まれた乗り物で、機関車の車両内部に人を載せて運ぶのではなく、機関車の内部にはたくさんの動力源と、動力を分配する機材が入っているのが特徴です。

つまり、人間自体は、運転席にしか乗れないのでたくさんの人を載せて目的地に運ぶという役割はありません。

しかし、パワーがものすごくあるため、重い積み荷を輸送するトラックのような役割があります。

逆に、「電車」は、人間を目的地に運ぶ乗り物なのでバスと同じで人間が座る席があります。

そのうえで、「電車」はいかに快適に利用者が使用できるかという部分が強化されている物もあり、利用者が快適に過ごせるよう工夫されている物は長距離を移動するための電車となります。

日本の場合、ディーゼル機関車があまり走行していないのは、空気が汚れる点とアメリカのように積み荷を輸送する際、ものすごく積み荷を届ける場所が遠いというわけではありませんので電気で走行可能な、電車のほうが相性が良いので電気で走行する電車の改良のほうが進んでいるのです。

逆に海外では、案外、ディーゼルのほうが改良が進んでおり、アメリカは特に州の横断に時間がかかることから、電気より、ディーゼルのほうが好まれています。

乗り物
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典