スポンサーリンク

「家族」と「家庭」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「家族」と「家庭」の違い生活・教育

この記事では、「家族」「家庭」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つがどのような違いがあるのか、使い方をするのかを説明しますので、是非とも把握して、日常生活や仕事場等で上手に使いこなしてみてください。

スポンサーリンク

「家族」と「家庭」の違い

最初に「家族」「家庭」の違いについてご説明致します。

「家族」「家庭」の違いとは、簡単に書きますと前者の場合は、人間が社会の中で生きていく上で、基本的な集団として認識されているものです。

後者の場合は、基本的に夫婦や子供が一緒に生活している集団や暮らしている場所を表現する際に使われることが一般的です。

以上が「家族」「家庭」の違いとなりますので、よく把握して覚えておくと何かと便利だと思います。

参考にしてください。

「家族」と「家庭」の使い方の違い

次は「家族」「家庭」の使い方の違いについて見ていきましょう。

「家族」「家庭」の使い方の違いについては、上記で解説した違いに当てはめてみます。

すると前者の場合は、「家族構成は夫婦と子供2人だね~」という使い方をします。

また後者の方は、「この家で暮らして家庭の基盤を作ったんだ~」という表現する時に使いますので、参考にしてみてください。

「家族」の意味

ここでは「家族」の意味についてご説明致します。

「家族」の意味とは、人間が生まれてから社会の中で生きていく上で、最も基本的な集団を意味しております。

もっとわかりやすく書きますと、これは結婚をした男女(夫婦)が、心身ともに支え合い、尚且つ生計を一緒に立てて暮らしている集団を指しております。

是非、参考にして役立ててみてください。

「家族」の使い方

次は「家族」の使い方を解説致します。

「家族」の使い方とは、基本的に結婚した夫婦やその親や子供等と一緒に暮らしている集団の事を指しております。

もちろんですが、心身ともい支え合い、共に成長し、安心と安全が保障されている小さな単位の集団とも言えるのです。

したがって使い方としては、「ゴールデンウィークは家族みんなで温泉へ行くのさ~」等という使い方をする事が一般的かと思います。

是非とも参考にしてみてください。

「家族」を使った例文

この項目では「家族」を使った例文を書いていきます。

・『家族で伊豆へ旅行へ行ったんだよ』
・『家族とはもう会いたくない。一人になりたい』
・『介護は家族みんなで助け合うものである』
・『家族で話し合い、家のリフォームすることになった』
・『心身ともに辛い時は家族みんなで助け合うことが非常に大切である』
以上が「家族」を使った例文となりますので、是非とも参考にしてみてください。

「家族」の類語

ここではサラッとですが、「家族」の類語について解説します。

「家族」の類語は、「身寄り」「身内」「家」「一家」「世帯」等が類語となります。

基本的に家族の一員であることや、社会で認識されている小さな単位を示す言葉が類語となっています。

是非把握して参考にしてみてください。

「家族」の対義語

次は「家族」の対義語をご説明致します。

「家族」の対義語としては、「他者」「他人」が対義語になるかと思います。

基本的に前者は血縁関係がありますが、後者は血縁関係がないので、対義語として成立するかと思われます。

是非とも参考にしてみてください。

「家庭」の意味

この項目では「家庭」の意味をご説明致します。

「家庭」の意味としては、基本的に結婚した男女(夫婦)が、一緒に暮らす集団を指しております。

また、暮らしている場所を指す場合もありますので、しっかりと把握して、上手に使ってみてください。

「家庭」の使い方

次は「家庭」の使い方を解説致します。

「家庭」の使い方としては、上記の意味を念頭において話を進めていきますと、夫婦や親子等が一緒に暮らす集団または暮らしている場所(家)等を指しているのです。

したがって使い方としては、「結婚して女は家庭を守る~」という表現します。

また「この家で家庭というものを学んだような気がするんだ~」という使い方をすることもありますので、是非参考にしてみてください。

「家庭」を使った例文

この項目では「家庭」を使った例文を書いていきます。

・『将来は家庭を持ちたいと言っていた』
・『家庭を持ったらマイホームとマイカーを持つことが夢なんだ』
・『あの人は家庭運がないと思うんだ』
・『家庭科の授業を受け、家庭というものに興味を持った』
・『夫婦になって家庭を築いた』
以上が「家庭」を使った例文となりますので、参考にして役立ててみてください。

「家庭」の類語

次は「家庭」の類語を簡単にですが、解説致します。

「家庭」の類語は、「うち」「マイホーム」「一門」「ファミリー」「一戸」等が類語となります。

参考にしてください。

「家庭」の対義語

この項目では「家庭」の対義語を解説していきます。

「家庭」の対義語としては、「社会」「学校」「職場」等が対義語とされているようです。

場合によっては、「戦場」も対義語として認識される場合があるようですので、しっかりと把握しておいた方が便利に使いこなせると思います。

参考にしてみてください。

「まとめ」

上記で解説した通り、「家族」というのは夫婦等が社会の中で暮らす家や集団を指しております。

人が生きる上での基本的な集団と理解してください。

そして、心身ともに支え合い、一緒に成長して、生計を一緒に立てていることを前者は色濃く意味しているのです。

一方で「家庭」というのは、結婚した男女が暮らしている単位・集団を示しております。

尚且つ場合によっては暮らしている場所に対しての表現として用いられることがあります。

是非とも把握して上手に使いわけてみてください。

以上をまとめとします。