スポンサーリンク

「補助」と「補佐」と「支援」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「補助」と「補佐」と「支援」の違い生活・教育

みなさんが「補助」「補佐」「支援」という言葉がどのような意味を持っているのかご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「補助」「補佐」「支援」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「補助」とは?

「補助」「ほじょ」とう読み方になります。

この「補助」「足りないところを助けること」、あるいは「その助けとなるもの」「不足しているところを補い助けること」といったような意味合いがある言葉です。

「補助」の例文

ここで「補助」の例文を見て行くことにいたしましょう。

この言葉の具体的な使い方は以下のようなものになります。

・『役場では一定収入以下の町民に生活費を補助することが決議されました』
・『この施設は最新の設備が稼働していますが、全て補助金が投入されてできたものです』

「補佐」とは?

「補佐」「ほさ」という読み方になります。

この「補佐」とは「人を助けてその務めを果たさせること」「そのような役目を持っている人のこと」、あるいは「助け補うこと」「付き添って力を添えること」というような意味を持っている言葉です。

「補佐」の例文

続いて「補佐」を使った例文を見て行きましょう。

具体的な活用例は次のような文章が考えられます。

・『田中さんは課長の補佐をしていますが、実務的には彼が全てを取り仕切っています』
・『彼は大統領補佐官として裏でさまざまな画策を行っており、実質的なキーパーソンと言っていいだろう』

「支援」とは

「支援」「しえん」という読み方になります。

この「支援」「支え助けること」「他人を支え助けること」、あるいは「力を貸して助けること」という意味になる言葉です。

「支援」の例文

ここで「支援」の例文を見て行きましょう。

どのような使い方になるのでしょうか?
・『田中さんが考えた構想が一番ベストだと思われ、割れても全面的に支援することになったのだ』
・『私はボランティアで支援活動を行って多くの人々を助けたいと思っています』

「補助」と「補佐」と「支援」の違い

ここで「補助」「補佐」「支援」の違いを見て行くことにいたしましょう。

どのような相違点があるのでしょう?「補助」「足りないところを助けること」、もいくは「その助けとなるもの」という意味となります。

「補佐」「人を助けてその務めを果たさせること」「そのような役目を持つ人」という意味を持ち、「支援」とは「支え助けること」「他人を支え助けること」「力を貸して助けること」と言う解釈になります。

「補助」「補佐」の違いを見ると、両方とも「助ける」という意味合いがあるのですが、「補佐」は仕事を助ける場合に使われ、「補助」「何か不足している部分を助けること全般」に使われています。

これに対して「支援」「ある程度できる人に対し部分的に助けてあげること」というニュアンスがあるために「助ける度合いは小さく感じられます。

しかし、「援助」になると「できることが少ない、もしくは何もできない人を助けてあげること」という解釈ができるために「助ける度合いが大きい」と理解することができるでしょう。

まとめ

ここまで「補助」「補佐」「支援」の意味と違いを説明してきましたが、各々の意味合いが非常に似ているので、それぞれの使い方をしっかりと確認しておきましょう。