スポンサーリンク

「排出」と「搬出」と「輩出」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「排出」と「搬出」と「輩出」の違い生活・教育

この記事では、「排出」「搬出」「輩出」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「排出」とは?

中にたまっているものを外に押し出すことを指す言葉で、家庭のごみも排出するという言葉が使えます。

また自動車排出ガスという言葉は一酸化炭素CO、炭化水素HC、 鉛化合物、 窒素酸化物NOX、粒子状物質PMとなっており様々な環境悪化をもたらします。

二酸化炭素は燃料を消費したことによって発生すると算出され、排出ガスは触媒によって浄化できるケースがありますが、二酸化炭素は燃費を向上しない限り減らすことが出来ません。

言葉としては二酸化炭素も排出すると言い、排出量の少ない企業から高い企業の排出量を買い取るなど排出権取引などの言葉があります。

掃除機の紙パックなども排出という言葉が使えます。

「搬出」とは?

運び出すことを指す言葉で、家具やピアノ美術館の展示品などが搬出されるものとして代表的ですが、量が多く一定の体積があれば搬出と言えます。

鉄道車両も陸送で新型車を使用地に運び出すケース、展示されるケース、解体されるケース、別の鉄道会社で活躍するケースなどでは搬出されるという言葉を使います。

搬入という言葉が逆の意味にあたり運び入れることとなり、搬出すると基本的には搬入する側がいます。

自動車もドライブ・移動することではなく、オークション会場へ持ち込むなどのケースでは搬出するという言葉を使い、新車の販売店への輸送も搬出という言葉になります。

また、救急車から担架を運び出すことも搬出というケースはあります。

「輩出」とは

優れた人材が、続いて多く出ることで、大学などでは優秀な人材どころか著名な成功者を次々と輩出しているケースもあります。

高校であれば有名大学に進学するケースで輩出するという言葉を使えなくはありません。

続いて多く出るという意味合いなので、新人賞やオーディションでは性質的に使いやすい言葉で、オーディションではひとり凄い成功を収めた人を輩出するという言い方をすることもあり、「続いて」という意味合いが省略されても通じる言葉とも言えます。

人間と人間の運営する組織に使うことが基本ですが、動物プロダクションから人気スターが出る場合などは輩出という言葉を使っても問題ないでしょう。

「排出」と「搬出」と「輩出」の違い

溜まったものが押し出されることが排出で、体積のある排出物であれば運びだすという意味の搬出を行うこともありえます。

搬出はある程度体積があればほとんどのものが対象です。

輩出は搬出、輩出とは同時に使うことはまず無く、優れた人物、人材が学校などから次々と出ることという意味になっています。

まとめ

「排出」「搬出」「輩出」は出てくることは共通していますが、排出はできればないのが理想、搬出は仕事としての意図が強く、輩出は多いに越したことがないという違いがあり、言葉として同時に使えるケースが少ないです。