スポンサーリンク

「夕日」と「朝日」と「夕陽」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「夕日」と「朝日」と「夕陽」の違い生活・教育

この記事では、「夕日」「朝日」「夕陽」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夕日」とは?

「夕日」「ゆうひ」と読みます。

「夕日」「夕方の太陽。

またその光」
という意味があります。

「夕日」の言葉の使い方

夕方の空を見ると、オレンジ色と紫色などが溶け合っている美しい姿を見られるかもしれません。

このような、夕方の空の中心となるのが、夕方の太陽と、その光となります。

このような場面は「美しい夕日を鑑賞する」などという文章にできます。

また、夕方の太陽が沈むにつれて、暗くなっていくため、心細くなる人もいるでしょう。

「夕日が沈むと寂しくなる」などという文章にできます。

「朝日」とは?

「朝日」「あさひ」と読みます。

「朝日」「朝、東から昇る太陽。

その光」
という意味があります。

「朝日」の言葉の使い方

早起きをして、朝、東から昇る太陽を見ることを、日課にしている人がいるのではないでしょうか。

このような人は、「毎朝、朝日を見る習慣がある」などという文章を作ることができます。

また、寝室のカーテンが開いていると、朝の太陽の光が部屋に差し込んでくることがあります。

このような場合、「部屋に朝日が差し込んでくる」などという文章にできます。

「夕陽」とは

「夕陽」「ゆうひ」と読みます。

「夕陽」は、「夕方の太陽。

またその光」
という意味があります。

「夕陽」の言葉の使い方

夕方に空を見上げた時、夕方の太陽が見えるでしょう。

眺めながら、子供時代の思い出などを頭の中に浮かべるような場合は、「夕陽を見ながら子供時代を思い出す」などという文章にできます。

また、登山などに出かけると、日没の時間に、沈む太陽を、じっくりと眺める人がいるかもしれません。

このような場面は「山の上から、夕日が沈むのを眺めた」などという文章を作ることができます。

「夕日」と「朝日」と「夕陽」の違い

「夕日」「夕陽」には、実は意味の違いがありません。

ただし、「夕日」は常用漢字表の掲載されているのに対して、「夕陽」は掲載されていないという違いがあります。

そのため、「夕日」は、公文書や教科書、新聞などに仕えるのに対して、「夕陽」は一般的な場面では使えますが、公文書などには使用できないことになります。

また、「朝日」「朝、東から昇る太陽。

その光」
という意味があります。

「夕日」が、夕方の太陽を意味するのに対して、「朝日」は、朝の太陽を意味するという違いがあります。

このように「朝日」「朝の太陽」を意味し、「夕日」「夕方の太陽」を意味するという違いがあります。

さらに「夕日」は常用漢字表に記載されているのに対して、「夕陽」はされていないという違いがあります。

まとめ

「夕日」「朝日」「夕陽」の違いについて見てきました。

「夕陽」「夕日」の違いなど、微妙な違いがあることが分かりました。

3つ言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。