スポンサーリンク

「データ」と「情報」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「データ」と「情報」の違いIT

この記事では、「データ」「情報」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「データ」と「情報」の違い

「データ」「情報」の違いについて紹介します。

「データ」と「情報」の使い方の違い

「データ」は、「事実を表す文字や記号、数字や音声、画像など」に使われます。

人の評価や分析などは含まれず、単なる事象を表現するものです。

「情報」「事実を表す資料を元に、分析や評価を加えたもの」に使われます。

人に伝える為に、様々な角度から考察したり、意見を加えたもののことです。

「データ」と「情報」の英語表記の違い

「データ」の英語表現は、そのまま「deta」です。

「data」は複数形で、単数形は「datum」になります。

ただし、一般的に複数も単数も「data」として使われています。

学問に関する硬い文章の場合は「複数形」、日常会話では「単数形」で、見分け方は動詞の違いです。

“Please send her this data. (単数形)”
(このデータを彼女に送って下さい)
“We will analyze these data. (複数形)”
(私達はこれらのデータを分析する)
「情報」の英語表現は「information」で、「インフォメーション」と日本語化されています。

“Where did you get the informaion from?”
(どこからその情報を入手したの?)
ビジネスでは「info. 」と省略形で使われることも多くあります。

“For your info.”
(念のため)

「データ」の意味

「データ」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「ものごとを推論する基礎となる事実や、参考となる資料」という意味です。

これからそれらの事実や資料を元に、加工して一つの内容に仕上げていくものです。

2つ目は「コンピュータで、プログラムを通して使われる記号化・暗号化されたデジタル信号」という意味です。

上記に共通するのは「事実を表すもの」という意味です。

考察や評価などは含まれず、そこにまとめられた事実の集積のことを言います。

「データ」の使い方

「データ」は、「これから様々な分析や評価する元となる事実の集積」に使われます。

名詞・形容動詞として「データだ・である」と使われたり、「データを集める」「データを取る」などと使われます。

英語同様日本語の「データ」も、単数・複数どちらにも使われます。

「このデータ」「これらのデータ」どちらでも使える言葉です。

「データ」を使った例文

・『十分なデータを揃えてほしい』
・『このデータをフル活用してプレゼン資料を作って欲しい』
・『データに間違いを見つけたので入力し直す必要がある』
・『アンケートのデータを集計する』
・『データの分析を進めて今後に役立てる』

「データ」の類語

「物証(ぶっしょう)」
「物理的に存在する証拠」という意味です。

「素材(そざい)」
「元になる材料や原料のこと」という意味です。

「データ」の対義語

「データ」に対義語はありません。

「情報」の意味

「情報」「じょうほう」と読み、以下の3つの意味があります。

1つ目は「あるものごとの内容についての知らせ」という意味です。

日常ではこちらの意味で使われることが最も多くなります。

2つ目は「文字や数字などの記号や暗号などで伝達されるデジタルの知らせ」という意味です。

受け手に知識や事実を伝える為のものです。

3つ目は「生物が活動する為に体内で起きる指令や信号」という意味です。

神経の伝達や、ホルモン分泌、遺伝子などを伝えることを言います。

上記に共通するのは「意味のある内容を知らせること」という意味です。

「情報」は、「事情」「報告する」という言葉から一字ずつ取って作られた言葉です。

「情報」の使い方

「情報」は、「ある内容を人に伝えるもの」に使われる言葉です。

名詞・形容動詞として「情報だ・である」と使ったり、「情報を流す」「情報が入る」などと使われたりします。

その他にも他の言葉との複合語として使われることも多く「遺伝子情報」「最新情報」などがあります。

「情報」を使った例文

・『ネットのデマ情報に惑わされてはいけない』
・『彼女は社内のことについて情報通だ』
・『これは確かな筋からの情報である』
・『オタクはネット上で様々な情報交換している』
・『社内秘の情報が漏れてしまい、ライバルに先を越されてしまった』

「情報」の類語

「通知(つうち)」
「相手に対してものごとを知らせること」という意味です。

「音信(おんしん)」
「手紙や電話、メールなどで消息を知らせること」という意味です。

「情報」の対義語

「情報」に対義語はありません。

まとめ

今回は「データ」「情報」について紹介しました。

「データ」「加工する基礎となる事実」「情報」「意味のある内容を知らせること」と覚えておきましょう。

IT
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典