スポンサーリンク

「アカウント」と「パスワード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アカウント」と「パスワード」の違いとは?IT

インターネットのコンテンツやサイトを使う際には「アカウント」「パスワード」を作る必要があります。

この記事では、「アカウント」「パスワード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アカウント」とは?

「アカウント」とはインターネットのコンテンツやサイト、アプリを使う権利のことであり、これを取得しないとこれらのサービスを使えません。

「アカウント」を取得する際には色々な手続きや個人情報を入力する必要があり、規約に同意することでサービスを利用することが可能になります。

「アカウント」を作成する時には識別番号として「ID」が配布されることが多く、サービスを使う際にはこれを入力する必要があります。

「パスワード」とは?

「パスワード」とはインターネットのコンテンツやサイト、アプリを使う際に利用する番号であり、暗証番号として本人の確認をするために使われます。

基本的には「アカウント」「ID」「パスワード」の両方を使って本人確認をする仕組みになっていますが、最近ではさらに二段階認証としてパスワードを複数使うサービスも増えてきました。

「アカウント」と「パスワード」の違い

「アカウント」はインターネットのサービスを使う際の権利であり、「パスワード」はそのサービスを使う際に本人確認するために使われる暗証番号です。

「アカウント」「ID」はサービスによって可視化されているものもありますが、「パスワード」は基本的に不可視なものとなっています。

「パスワード」は万が一忘れてしまっても再発行ができる仕組みになっています。

「アカウント」の例文

・『アカウント情報を更新しました』
・『ユーザーアカウントの設定が少し変になっていたので直しました』

「パスワード」の例文

・『パスワードの漏洩が怖いのでセキュリティソフトを入れています』
・『パスワードの再発行がスムーズに済んだので安心しました』

まとめ

インターネットのサービスを使う際には名前である「アカウント」と鍵である「パスワード」が必要になります。

IT
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典