スポンサーリンク

「革新」と「革命」と「改革」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「革新」と「革命」と「改革」の違い生活・教育

この記事では、「革新」「革命」「改革」の違いを分かりやすく説明していきます。

似ている言葉を、正しく分類していきましょう。

スポンサーリンク

「革新」とは?

革新(かくしん)とは、新しいやり方を取り入れていくこと。

すでにあるルールを見直して、より良い規則へ変えていくことです。

前向きに挑戦していくシーンで使われている、とてもエネルギッシュな表現です。

「革新」という熟語のポイントは「新しい」です。

新しいには、以前とは違う切り口で物事を考えていくという訳があります。

前例にとらわれずに、型破りのアイデアを取り入れていく様子を革新といいます。

世界をあっと言わせる技術や発明が革新です。

「革命」とは?

革命(かくめい)とは、社会が大きく変わっていくこと。

おもに歴史で使われる言葉で、下の人が上の権力者をたおすシーンで用いられます。

あぐらをかいている支配者を、武力で打ちのめすさまが「革命」です。

ナポレオンのフランス革命やロシア革命などが、その一例です。

「革命」の熟語には「命」という、生命の息吹を感じさせるフレーズがはいっています。

自分の命と引き替えに、新しい時代を作り上げていくのが革命です。

情熱的で、燃えるようなレボリューションが革命です。

「改革」とは

改革(かいかく)とは、これまでのやり方を見直して、より良い規則へ磨いていくこと。

悪い点は素直に認めて、使いやすいルールに改めていく作業です。

おもに政治のシーンで使われる専門用語になります。

「改革」で注目したいのは「改める」という漢字です。

「改める」には欠点を見直して、長所に整えていくという訳があります。

すでにある規則をもう1度引っぱり出して、組み替えていくこと。

再編していく仕事を「改革」といいます。

「革新」と「革命」と「改革」の違い

・挑戦する「革新」「革命」、改善する「改革」

「革新」「革命」「改革」は、同じ「革」という漢字が使われているので、使い方に迷ってしまいます。

ちなみに「革」は毛皮の皮から生まれた漢字。

そのため「革」には「新しくする・改める」という2つの訳があります。

3つの漢字のうち、チャレンジ精神豊富なのが「革新」「革命」です。

対して「改革」は再編する、改善するというニュアンスが強いです。

ゼロから新しい物を生み出す原動力となっているものが「革新」「革命」

すでに100あるものを、さらに良いものへ組み替えていくのが改革です。

挑戦していくものが革新と革命。

過去を振り返って、より良く立て直していくのが改革です。

まとめ

「革新」「革命」「改革」の違いを分かりやすくお伝えしました。

いずれも「革」という漢字をふくむ熟語です。

革新とは制度を新しくすること。

革命は行動を起こして、権力者を倒すことです。

そして改革には悪い点を改めて、より良い物へ変化させていくという訳があります。

それぞれの言葉を知って、知識を増やしていきましょう。