スポンサーリンク

「遊ぶ」と「戯れる」と「デート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「遊ぶ」と「戯れる」と「デート」の違い生活・教育

この記事では、「遊ぶ」【あそぶ】と「戯れる」【たわむれる】と「デート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「遊ぶ」とは?

楽しく物事やる行為を「遊ぶ」と言い、面白いと感じ、胸が高鳴ることや、快感を得られることはとても幸せに感じるものです。

自分ひとりで楽しい気持ちになる「遊び」にはゲームをプレイしたり、アイドルグッズを集めて楽しむなどして時間を有意義に使うのがこの言葉の意味になります。

主に人と一緒に雰囲気を盛り上げたり、面白いことするのが目的である「遊ぶ」場所は家であったり、店など様々です。

好きな場所で選び、そのときの気分でやりたいことを選び、体を思い切り動かしたり、お金を使って異性とお酒を飲むのも大人としての「遊び」になります。

「戯れる」とは?

おもしろがって人が集まるさまを表すのが「戯れる」であり、遊び半分な気持ちで一箇所に集まり、ふざけてみたり、顔を近づけて会話するという意味があります。

複数人が集まって遊ぶことが目的で、輪になって楽しく会話したり、歌を歌うなどして一緒にいる時間を楽しむわけです。

このように、「戯れる」のは仲のいい友達であったり、知り合いであり、一緒に時間を過ごすことが楽しいと思うわけです。

ひとりで人形と戯れる、飼っているペットと戯れるなど一人で遊ぶ行為に対しても使える言葉で、自分が好きなものと一緒に時間を楽しむのも「戯れる」という行為になります。

元々は「戯る」【さる】が転じたものであり、「機転が利く」という意味から現在は「洒落を言う」として人が集まり、楽しむ行為や興味ある者と遊ぶ状況を言い表すようになりました。

「デート」とは?

愛する者と一緒に行動して愛情深めるのが「デート」と言い、雰囲気を作り出して楽しむという意味があります。

会う日や時間を決めて、意気投合すれば待ち合わせて、それから決めておいた場所へ遊びに行くか、その日の気分で店を決めて行くなどして、お互いの時間を楽しむわけです。

「デート」ですることは食事やイベントを楽しむ、車で夜景を見に行くなどしてお互いの感情を高めます。

同じことして仲を深めていくことが最大の目的であり、愛情を深めつつ、未来に向かって歩んで行くのも「デート」の目的では大事なことです。

「デート」する場所は家が多く、部屋の中でまったりと音楽を聴きながら二人で時間を過ごしたり、見詰め合うなどして楽しみます。

「遊ぶ」と「戯れる」と「デート」の違い

スポーツが好きな人は旅館で卓球して遊んだり、家族で娯楽施設に行って遊ぶなどして思い出作りするために行う行為です。

主に人の行為を指す言葉であり、知能がある生き物の人間が行動して楽しむのが「遊ぶ」で、「戯れる」は仲間や家族、友達など特別な相手とじゃれるようにふざける行為という意味があります。

「デート」は交際を順調に重ねていけば結婚に向けて行動し、彼氏が彼女にプロポーズして挙式を挙げて結ばれるのが最終的な目的であり、それから家族となるためのいわば準備期間となります。

まとめ

ひとりで好きなことして楽しむのが「遊ぶ」であり、深い絆で繋がった者同士でじゃれあうのが「戯れる」、恋愛感情がある者同士が愛し合う時間を過ごすのが「デート」という違いがあります。

どれも好きな人と有意義に時間を過ごし、楽しむのが目的です。