スポンサーリンク

「即座」と「即興」と「即時」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「即座」と「即興」と「即時」の違い生活・教育

この記事では、「即座」「即興」「即時」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「即座」とは?

「即座」「そくざ」と読みます。

意味は「あることが行われてからすぐその場」という意味で、その時その場にいて、あることが起きてからすぐに行動することです。

「即」「ただちに」「すぐさま」「その場で」という意味。

「座」「座るところ」「会合の席」という意味、「即座」「座ってすぐその場で」になります。

「即座」の使い方

「即座」は名詞・形容同として「即座だ・である」「即座の決断」などと使われたり、副詞として「即座に返事する」などと使われます。

基本的に、あることが行われてから時間を置かず、すぐにその場で行動することに使われる言葉です。

「即座」の例文

・『彼は席に案内されると即座にビールを注文した』

「即興」とは?

「即興」「そっきょう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「その場で湧き起こる興味」という意味っで、その場で見たり聞いたりして感動して、心を引きつけられることです。

2つめは「その場のノリや雰囲気で、詩歌や音楽などを作ること」という意味で、その場で盛り上がった時などに、ひらめきで詩歌や音楽などを作ることです。

上記に共通するのは「その場で湧き起こる」という意味です。

「即興」の使い方

「即興」は名詞・形容動詞として「即興だ・である」「即興で演奏する」「即興芸術」などと使われます。

基本的に、その場のノリや雰囲気で音楽や詩歌などを作って披露することに使われる言葉です。

「即興」の例文

・『ジャズの即興演奏が素晴らしい』

「即時」とは?

「即時」「そくじ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「何かが行われてすぐにその時」という意味で、何かが行われた後、時間を置かずにすぐ行動することです。

2つ目は「ほとんど時間を置かず」という意味で、本来時間がかかることに対して、いちじるしく短時間で行われることです。

上記に共通するのは「すぐその時」という意味です。

「即時」の使い方

「即時」は名詞・形容動詞として「即時だ・である」「即時振り込み」などと使われたり、副詞として「即時に決める」などと使われたりします。

基本的に、あることが行われた後、時間を置かずにすぐ行動することに使われる言葉です。

「即時」の例文

・『即時振り込みが可能なキャッシングを選ぶ』

「即座」と「即興」と「即時」の違い

「即座」「あることが行われてから時間を置かず、すぐにその場で行動すること」という意味です。

「即興」「その場のノリや雰囲気で音楽や詩歌などを作って披露すること」という意味です。

「即時」「あることが行われた後、時間を置かずにすぐ行動すること」という意味です。

まとめ

今回は「即座」「即興」「即時」について紹介しました。

「即座」「すぐその場で」「即興」「その場で作る作品」「即時」「すぐその時に」と覚えておきましょう。