スポンサーリンク

「精密」と「微細」と「細微」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「精密」と「微細」と「細微」の違いとは?状態

この記事では、「精密」「微細」「細微」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「精密」とは?

「精密」は、元々は、肉眼で確認できる何かです。

この言葉を別の言葉で解釈すると、肉眼で確認できる加工を施すことを意味します。

つまり、一応ものすごく細かく物体を調整したり、加工することが「精密」ですが、「精密」は人間が自らの手で加工したり調整できる範囲でなければならないです。

「微細」とは?

「微細」は、人間が肉眼で確認したり調整することができない物のことで、機械側が調整を行いものすごく細かな物を作りだしたり調整をすることです。

その為、「微細」によって生み出された物たちは、絶対に肉眼では調整することはおろか作り出すことすらできません。

例を挙げますと、DVDの読み込みレンズは、「微細」な調整を必要としており、人間が肉眼で確認してレーザー光を見て適切なレーザー光であると判断することはできず、オシロスコープという検査機を用いて調整を行う必要性があります。

「細微」とは

「細微」は、ものすごく細かいという事実のみを意味する言葉です。

よって、加工をほどすかどうかについてはどうでもよく肉眼で確認できようが肉眼で確認できまいがどうでもよく、事実として細かいという事実があればそれでよしになります。

「精密」と「微細」と「細微」の違い

「精密」「微細」「細微」ですが、まず、「精密」は、肉眼で確認できる加工物や調整が可能な物体で、「微細」は、肉眼では確認できない加工物であるが故、調整を行う場合、検査機を用いるという違いがあります。

両者の言葉は、物体を指し、その物体がどうであるかを示します。

一方、「細微」は単に細かいという事実を述べているだけです。

よって「細微」「精密」「微細」と異なる点は、物である必要性が無い点で別に固体のような物である必要性は無く、とりあえず細かい物であれば、何でもよいのです。

まとめ

「精密」は、「精密射撃」という言葉があり、これは、固体を指すのではなく、射撃方法という物を指すため、定義においては肉眼で確認できる手法という点にあります。

逆に「微細射撃」という言葉は、肉眼では確認できない射撃方法になり、拳銃の弾を拳銃の弾で打ち返す暗い高度な技術を意味しますがそのような技術はありません。

そして、最後の「細微」についてはとりあえず細かいというだけですので、射撃の場合、細かく一発一発撃つというニュアンスになります。

今回は、「精密」や、「微細」という物をあえて物であると仮定して考え、違いを述べることで分かりやすさを出してみました。

逆に射撃で言われている「精密」や、「微細」はどちらかというと技術のことを意味するので、「精密」は人間が可能な限りの技術で、「微細」は人工的なコンピューターなどで射撃を制御すると考え、「細微」についてはとりあえず射撃において細かく撃ち出せばよいという考えに至るので、「精密」や、「微細」を技術と考えても一応意味は同じです。

状態
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典