スポンサーリンク

「齢」と「年」と「歳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「齢」と「年」と「歳」の違い生活・教育

この記事では、「齢」「年」「歳」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「齢」とは?

「齢」は、年齢のことを意味しますが、人間の命の長さを示す言葉です。

よって、「齢50」であれば、後50歳程度生きるかもしれないという具合に命の長さを示す単位として使用します。

なお、今時点で年齢が50である場合も、「齢50」といえば、年齢を指しますので両者とも使い方においては間違いではなく、今現在の年齢を指すか、後の寿命を予測する言葉として使用するかは自由です。

「年」とは?

「年」は、年齢などのことではなく、一年という時間を指す単位です。

よって、「一年生」というのは、一年という時間を過ごす人物であるという単位でしかありません。

また、「年」がいくつであるかというのは、生まれてから何年経過したかを述べているため、この部分が自分の年齢になるが故、「年」=年齢のことであると錯覚をしているケースが多いです。

「歳」とは

「歳」は、年齢が積み重なっていくときの単位で、実年齢の単位です。

無論、「歳」は人間以外で年齢の積み重ねが分かる物であれば、「歳」で表現が可能です。

ただ、注意してほしいのは、年齢の積み重ねは、決して人間と動物を混同してはいけない点にあります。

この場合、動物は動物の実年齢を計算する方式で正しい「歳」を割り出す必要があり、人間と分けて実年齢を計算することが重要です。

「齢」と「年」と「歳」の違い

「齢」「年」「歳」の違いについては、「年」だけが実は、年齢ではなく、時間を単位にしているため、「齢」「歳」とは別の次元です。

その為、比べるべきは、「齢」「歳」「齢」は年齢のことでありつつ寿命を予測して言う単位で「歳」は、実年齢など年齢を指す言葉として使用し、動物でも使用が可能な単位です。

無論、動物も「齢」を使用してあとどのくらい寿命があるかを予測することができますし、実年齢を述べることも一応可能です。

よってこれらの違いは、「年」だけが時間という物を単位にしており、「齢」「歳」については生き物の年齢を述べています。

まとめ

「齢」「年」「歳」についてですが、「齢」は、生まれてからの年齢を指すのでイメージとしては正確な年齢を知るきっかけになります。

逆に「年」や、「歳」については、イメージにおいては誤魔化しを行っているイメージが多く芸能人などが年齢を偽るときに使用する言葉がこの2者です。

なお、「年」は年齢ではなく、元々は時間の経過を示す言葉で月日を示す言葉になるので年齢を誤魔化しても月日が分からないというようなニュアンスで使用すれば一応自分を正当化可能です。

これについては「歳」も同様に月日が分からないとすれば問題なく誤魔化しが可能ですが、問題は、「齢」は言い方が生まれてからの年齢を指すと明言しているため誤魔化せません。

「年」「歳」は、一年のうちに一つ年齢が経過したという扱いなので、言い訳としては、一年齢のみ言い訳をしてまだ、日本は一年たってない、と言い切れば、形式上、一年齢だけサバを読めるのです。

ただ、どんなに言い訳しようと一年齢だけしか一年の経過を遅らせることができませんので形式上サバを読む行為は一年齢だけです。