「悲運」と「不運」と「不幸」の違いとは?分かりやすく解釈

「悲運」と「不運」と「不幸」の違い生活・教育

この記事では、「悲運」【ひうん】と「不運」【ふうん】と「不幸」【ふこう】の違いを分かりやすく説明していきます。

「悲運」とは?

悲しい運命であるのが「悲運」という意味があり、悲しいことばかり起こる運命であり、いい方向へは向かわない残念な人生においてこの言葉が使われています。

使い方としては、「悲運な人」「悲運な王女」「悲運な女性」などと使い、いかに悲劇的な運命を辿った人生であったかを人に伝えられる言葉になります。

このような運命を辿る人は次から次へと不幸なことが襲い、つらい最期になる人が多いのです。

「悲運な武将」はその地位を築き上げるまで苦労しましたが、仲間から裏切られたり、暗殺されるなど様々な悲劇が襲い、最期はいい死に方はしません。

「悲運な女性」は男性によって不幸な人生を歩み、身も体もボロボロになっていき最期は気の毒な死に方する人生になるのがこのような人に多い現実でもあります。

「不運」とは?

自分の思い通りにはいかない不幸な運命に悩む人生になるのが「不運」の意味になります。

使い方としては「不運になる運命」「不運な社長」「不運な子供」と使い、運命が一向に良くならないは、努力しているのに企業の経営状況が良くならないばかりではなく、倒産してしまうなどまったく良い状態になりません。

「不運な子供」は生まれ育った場所も悪く、過酷なことが続くと嘆く運命に襲われます。

類義語には「御難」「薄命」などがあり、受難が続いて大変な状況に陥る、努力が報われないとつらい現実に悲しくなり、自分の運命を呪います。

あまりにも不運続きな人生であると人はやる気を失うだけではなく、運気が下がればますます「不運」に見舞われ、酷い人生となるわけです。

「不幸」とは?

人生において人並みなことが出来ない現実を「不幸」と呼び、幸福ではないと強く感じる自分の人生に悲しみ、つらいと感じるという意味があります。

他の使い方としては親が早くにして亡くなったり、ペットが病気になるなど次から次へと悲惨な「不幸」に見舞われます。

さらに家が火事になって全焼したり、家に強盗が入って金品を奪われるなど、ありえないような事態が降りかかったときも「不幸」になります。

自分に起きた悪い出来事を主に「不幸」と言い表し、その状態が続くと「不幸が続く運命」と言い表します。

酷いことしてきた人には「不幸になってほしい」と相手に悪いことが起こるように祈る人もいます。

このように、「不幸」は様々な状況で使われることが多い言葉として使われています。

「悲運」と「不運」と「不幸」の違い

自分は人とは違い、悲しい運命を辿るのが「悲運」で、出来事にいいことがなく、運が悪いと思うことを「不運」と言い、普通ではあまり起こらないような悲劇が襲うことを「不幸」という違いがあります。

どうしてこのように自分だけ悲惨なことが起こってしまうのかと思うほどいいことがないさまに落ち込み、つらくなってしまう人生を「悲運」と表します。

物事がうまく行かず、自分の意思では良い方向に向かわず、努力しても運が良くならないのも「不運」の意味となります。

「不幸」は現実に良いことがなく、つらいことしかないと思ったとき、人は自分に幸が訪れないことを悲観するわけです。

まとめ

似ているようで意味が違う「悲運」「不運」「不幸」の詳細をご紹介しました。

悲惨な運命に襲われるのは「悲運」と言い、自分の人生が悪い運に幾度となく見舞われるのが「不運」であり、人よりも幸が薄い人生のために悲観する状態が「不幸」とうまく使い分けるといいでしょう。