「直前」と「直近」と「寸前」の違いとは?分かりやすく解釈

「直前」と「直近」と「寸前」の違い生活・教育

この記事では、「直前」「直近」「寸前」の違いを分かりやすく説明していきます。

「直前」とは?

「直前」「ちょくぜん」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「あるものごとが起きたり、行われたりするすぐ前」という意味で、あるものごとが生じる前で、そのものごとにつながる時間のことです。

2つ目は「物があるところのすぐ前」という意味で、ある物からほとんど距離を置かない前にあることです。

上記に共通するのは「すぐ前」という意味です。

「直前」の使い方

「直前」は名詞・形容動詞として「直前だ・である」と使われたり、形容詞として「直前の出来事」などと使われたり、副詞として「直前に中止する」などと使われます。

基本的に、あるものごとが起きるすぐ前や、位置が目の前である状態に使われる言葉です。

「直前」の例文

・『出発直前になってパスポートをなくしたことに気づく』

「直近」とは?

「直近」「ちょっきん」と読みます。

意味は「現在からもっと近いこと」で、あるものごとが起きたり行われたりするのが、現在を基準に最も近い位置にあることです。

「直」「すぐ」「じか」とも読み「すぐに」「ただちに」という意味、「近」「ちかい」とも読み「現在からちかい」という意味、「直近」「現在からすぐの時点」になります。

「直近」の使い方

「直近」は名詞・形容動詞として「直近だ・である」と使われたり、形容詞として「直近の傾向」などと使われたり、副詞として「直近に起きた」などと使われたりします。

基本的に、あるものごとが起きたり行われたりする、現在からすぐの時点に使われる言葉です。

「直近」の例文

・『インフルエンザ感染者の直近7日間の平均を出す』

「寸前」とは?

「寸前」「すんぜん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「あるものごとが起きる正に前」という意味で、そのものごととほぼ時間的差がない前の時点のことです。

2つ目は「ある物の正に目の前」という意味で、物の位置がほとんど差のない目の前のことです。

上記に共通するのは「正に前」という意味です。

「寸前」の使い方

「寸前」は名詞・形容動詞として「寸前だ・である」と使われたり、形容詞として「寸前の回避」などと使われたり、副詞として「寸前に中止する」などと使われたりします。

基本的に、あるものごとが起きるのとほぼ差のない正に前の時点や、位置が正に間の前である状態に使われる言葉です。

「寸前」の例文

・『車が爆発する寸前に脱出する』

「直前」と「直近」と「寸前」の違い

「直前」「あるものごとが起きるすぐ前」「位置が目の前である状態」という意味です。

「直近」「あるものごとが起きたり行われたりする、現在からすぐの時点」という意味です。

「寸前」「あるものごとが起きるのとほぼ差のない正に前の時点」「位置が正に間の前である状態」という意味です。

まとめ

今回は「直前」「直近」「寸前」について紹介しました。

「直前」「すぐ前」「直近」「現在からすぐの時点」「寸前」「ほぼ差のない前」と覚えておきましょう。