「天才」と「才能」と「センス」の違いとは?分かりやすく解釈

「天才」と「才能」と「センス」の違い生活・教育

この記事では、「天才」「才能」「センス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「天才」とは?

「天才」「てんさい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「生まれつき備わっている、人並み外れて優れた才能」という意味で、学問や技芸に対して、人並み外れた実力を持っていることです。

2つ目は「何でもできる人に対して、お世辞やうぬぼれで使う言葉」という意味で、人並み以上に優秀なことをおだてたりうぬぼれたりする時に使われる言葉です。

上記に共通するのは「自然に備わっている」という意味です。

「天才」の使い方

「天才」は名詞・形容動詞として「天才だ・である」「天才プレイヤー」「数学の天才」などと使われます。

基本的に、生まれつき備わっている、人並み外れて優れた実力を持っている人や、その様な人にたとえて使われる言葉です。

「天才」の例文

・『彼は小さい頃から野球の天才少年として名高かった』

「才能」とは?

「才能」「さいのう」と読みます。

意味は「ものごとを巧みにこなす生まれつきの実力」です。

生まれ付き備わっている、ものごとを上手くやり遂げる頭脳の働きのことです。

「才」「頭脳の働き」「生まれつきの能力」という意味、「能」「ものごとをなしうるだけの力がある」という意味、「才能」「生まれつき持っているものごとをなしうるだけの力」になります。

「才能」の使い方

「才能」は名詞・形容動詞として「才能だ・である」「才能がある・ない」「才能を伸ばす」などと使われます。

基本的に、人に生まれつき備わっている、ものごとを上手くやり遂げる頭脳の働きに使われる言葉です。

「才能」の例文

・『彼女の一家は音楽の才能に恵まれている』

「センス」とは?

「センス」の意味は以下の通りです。

1つ目は「ものごとの感じや風合いなどを、細かい点まで捉える感覚」という意味で、ものごとに対して様々な角度から感じたり味わったりする心の働きのことです。

2つ目は「常識的な判断力」という意味で、社会における正しい考え方のことです。

「センス」は英語の「sense」が日本語化した言葉で、「人間の五感の働き」「感覚」「判断力」「察知」などの意味があります。

「センス」の使い方

「センス」は日本語の場合名詞として「センスが良い・悪い」「センスを疑う」「センスに欠ける」などと使われます。

基本的に、ものごとの感じや風合いなどを繊細に捉える心の働きに使われる言葉です。

「センス」の例文

・『彼の服装はいつもセンスがいい』

「天才」と「才能」と「センス」の違い

「天才」「生まれつき備わっている、人並み外れて優れた実力を持っている人」「その様な人のたとえ」という意味です。

「才能」「人に生まれつき備わっている、ものごとを上手くやり遂げる頭脳の働き」という意味です。

「センス」「ものごとの感じや風合いなどを繊細に捉える心の働き」という意味です。

まとめ

今回は「天才」「才能」「センス」について紹介しました。

「天才」「人並み外れた実力」「才能」「上手くやり遂げる頭脳」「センス」「感覚や判断力」と覚えておきましょう。