「貯水池」と「調整池」と「ため池」の違いとは?分かりやすく解釈

「貯水池」と「調整池」と「ため池」の違い生活・教育

この記事では、「貯水池」「調整池」「ため池」の違いを分かりやすく説明していきます。

3つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

「貯水池」とは?

「貯水池」「ちょすいち」と読みます。

「貯水池」「上水道や発電、農業用水などに使うために、水をためておくための人工池」という意味があります。

雨が降らなくなったとしても、一定期間、農作業をするのに困らない水を確保したり、発電をするために必要な水を保つための人工池を「貯水池」と呼びます。

「貯水池」の言葉の使い方

家の近所に、農業用水のための人工池があり、その周囲が自然豊かだという場合があるかもしれません。

このような時、「貯水池の周りには、豊かな自然が残っている」という文章にできます。

「調整池」とは?

「調整池」「ちょうせいち」と呼びます。

「調整池」「水力発電所や浄水場で、水量を調節するための貯水池」という意味があります。

水力発電所や浄水場で、電気を作ったり飲み水を作る時、一定時間に適量を扱えるよう、調節するための人工池が「調整池」となります。

「調整池」の言葉の使い方

家の近所に浄水場の水量を調節するための人口の池があり、そこが公園のようになっている場合は、「家の近所の調整池は、普段は公園のようになっている」などと言うことができます。

「ため池」とは

「ため池」「ためいけ」と読みます。

「ため池」は、「降水量が少なく、水量の多い河川に恵まれないエリアに、農業用水を確保するため造成した池」という意味があります。

主に農業用水を確保するための人工池のことを「ため池」と言います。

「ため池」の言葉の使い方

降水量が少ない地域で、大きな河川が流れていないエリアに住んでいる人は、家の近くに農業用水を貯めておく池があるのではないでしょうか。

このような池を見たとき、「雨が少ない地方なので、私の家の周囲にはため池が沢山ある」などと言う文章にできます。

「貯水池」と「調整池」と「ため池」の違い

「貯水池」「上水道や発電、農業用水などに使うために、水をためておくための人工池」という意味があります。

次に「調整池」「水力発電所や浄水場で、水量を調節するための貯水池」という意味があります。

さらに「ため池」は、「降水量が少なく、水量の多い河川に恵まれないエリアに、農業用水を確保するため造成した池」という意味があります。

どの言葉も、水をためておくための人工池を指す言葉になります。

ただし、様々な目的で使う人工池を「貯水池」と呼び、「貯水池」の中でも、水力発電所や浄水場関連のものを「調整池」、主に農業用水のためのものを「ため池」と呼ぶという違いがあります。

まとめ

「貯水池」「調整池」「ため池」の違いについて見てきました。

3つの言葉には明確な意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。