「手下」と「子分」と「部下」の違いとは?分かりやすく解釈

「手下」と「子分」と「部下」の違い生活・教育

この記事では、「手下」「子分」「部下」の違いを分かりやすく説明していきます。

「手下」とは?

「手下」「てした」と読みます。

「手下」は、「ある人の支配下にある者。

配下。

部下」
という意味があります。

まず、誰かしらの人がいて、その下にいる人のことを「手下」と呼びます。

「手下」の言葉の使い方

例えば、ある街に権力者がいる時、その支配下にいる人を「手下」と呼びます。

街の金貸しが権力者だとしたら、「街の金貸しが、手下を使って街の人々を牛耳ろうとしている」「街の金貸しが、たくさんの手下を従えている」などという文章にできます。

「子分」とは?

「子分」「こぶん」と読みます。

「子分」には「ある人の支配下にあって服従するもの。

仮に子として扱われているもの」
という意味があります。

反対語が「親分」となり、ある街の暴力団の親分に服従している人などを「子分」と呼びます。

「子分」の言葉の使い方

ある暴力団の親分に服従している若い人が、暴れん坊で手が付けられない場合、「あの組の若い子分は手が付けられない」などという文章にできます。

他にも、「子分の態度が悪いと、親分が舐められる」とか、「子分が多すぎて、名前を覚えきれない」などという文章にできます。

「部下」とは

「部下」「ぶか」と読みます。

「部下」「組織などである人の下に属して、その指示、命令で行動する人」という意味があります。

例えば、会社に属している人が、上司の命令で行動するとき、「部下」と呼ばれます。

「部下」の言葉の使い方

会社の上司の中には、自分の命令で動く人に対して、どのように扱えばいいか悩んでいる人もいます。

この場合、「部下の扱いに困り、悩んでいる」などという文章にできます。

また、出世するごとに、命令で行動する人が増えていく場合は、「出世すると部下が増えるため、やりたいことが短時間でできるようになる」などという文章にできます。

「手下」と「子分」と「部下」の違い

「手下」は、「ある人の支配下にある者。

配下。

部下」
という意味があります。

次に「子分」には「ある人の支配下にあって服従するもの。

仮に子として扱われているもの」
という意味があります。

さらに「部下」「組織などである人の下に属して、その指示、命令で行動する人」という意味があります。

どれも、権力を持つ人の命令で動く人のことを示唆する言葉になります。

ただし、「手下」は、どちらかと言えば、悪い人の言うなりに動く人を指す言葉という印象があり、悪の手先のようなイメージがあります。

「子分」は、親分から子供のように思われている印象があり、身内に対する情に厚いイメージがあります。

一方「部下」は、会社の平社員をイメージする言葉という違いがあります。

どちらかと言えばネガティブな組織の手先が「手下」「子分」で、親分に可愛がられているのが「子分」と呼ばれ、会社の平社員が「部下」を指すと考えることができます。

まとめ

「手下」「子分」「部下」の違いについて見てきました。

それぞれの意味と印象の違いを知り、使い分けてみてはいかがでしょうか。