「許す」と「認める」と「受け入れる」の違いとは?分かりやすく解釈

「許す」と「認める」と「受け入れる」の違い生活・教育

人は日常生活の中で色々なことを考えるものですが、他人を認め合うような動きをすることもあります。

その中で「許す」「認める」「受け入れる」という言葉がありますが、どのようなことを意味しているのでしょうか?

そこでこの記事では、「許す」「認める」「受け入れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

「許す」とは?

「許す」「ゆるす」という読み方になります。

この「許す」「さしつかえないと認めること」「問題ないと認める」などを意味を示しています。

「許す」の例文

「許す」の例文を見ると、次のようなものが挙げられます。

・『どうか息子がやったことを許してもらいたい。あなたの怒りは最もだが償いは必ずさせるから』
・『君を許すことは絶対にできない。これまでの仕打ちを考えると。人はそう簡単に心を解放できないんだよ』

「認める」とは?

「認める」「みとめる」という読み方になります。

「認める」の意味は「目にとめる」、または「あることが確かだと見てとる」「見て判断する」と言ったような意味を持っています。

「認める」の例文

では、「認める」の例文を2つほど挙けてみましょう。

・『昔は彼の考えは突飛もない話だとして笑われていたのですが、今ではその考えも認められるようになってきた』
・『どうして私の言っていることを認めてくれないんですか?これでは本当に我が社は危機的状況に陥ってしまいますよ」

「受け入れる」とは

「受け入れる」「うけいれる」と読みますが、「人の主張や要求を聞いてそれを承知したり容認すること」「 聞き入れること」という意味になります。

「受け入れる」の例文

「受け入れる」の例文は次のようなものがあります。

・『これまで全く認められて来なかったのですが、環境が激変したために私たちの意見を受け入れてくれたのです』
・『人はどうして新しい考えや経験を受け入れることができないのだろう?本当はもっと素晴らしいことばかりあるのにね」

「許す」と「認める」と「受け入れる」の違い

ここで「許す」「認める」「受け入れる」の違いを整理してみましょう。

「許す」「さしつかえないと認めること」「問題ないと認める」などを意味を示しています。

「認める」「目にとめる」、または「あることが確かだと見てとる」ということを言っており、「受け入れる」「人の主張や要求を聞いてそれを承知したり容認すること」を指しています。

「受け入れる」は、「人の主張や要求を聞いてそれを承知したり容認すること」です。

まとめ

「許す」「認める」「受け入れる」 の違いを説明してきましたが、人の心理的な動きを示すこれらの言葉も詳しく見ると、かなり解釈が異なっていました。

今回の記事を見てしっかりとその違いを理解してください。

そして、使うシチュエーションを見て適切な使い方ができるようにしておきましょう。

このような言葉はかなり意味が異なって来るので、正確に理解するようにしておくことが大切です。