スポンサーリンク

「確認」と「認識」と「承認」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「確認」と「認識」と「承認」の違いとは?生活・教育

この記事では、「確認」「認識」「承認」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「確認」とは?

「確認」「かくにん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「はっきりそうであると分かること」という意味で、あるものごとが明らかであると確かめることです。

2つ目は「ある事実について決めごとがある場合、はっきりと判断すること」という意味で、法律での決定や、抽選結果などを認めることです。

上記に共通するのは「確かだと判断する」という意味です。

「確認」の使い方

「確認」は名詞として「確認する・した」と使われたり、副詞として「確認して」と使われたりします。

基本的に、あるものごとがはっきりそうであると分かった上で、認めることに使われる言葉です。

「確認」の例文

・『横断歩道は青でも安全を確認してから渡るべきだ』

「認識」とは?

「認識」「にんしき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「あるものごとを知り、本質や意味などを理解すること」という意味で、自分の頭の中でそうであると理解することを言います。

2つ目は「哲学用語で、ものごとのなんであるかを知る心の働き」という意味で、人の意識下で知っている内容のことです。

上記に共通するのは「内面で理解する」という意味です。

「認識」の使い方

「認識」は名詞として「認識する・した」と使われたり、副詞として「認識して」と使われたりします。

基本的に、あるものごとの本質や意味を、頭の中で理解することに使われる言葉です。

「認識」の例文

・『これで成功すると思っているようではまだ認識が甘い』

「承認」とは?

「承認」「しょうにん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「あるものごとが事実であると判断すること」という意味で、ものごとの発生を真実であると受け入れることです 2つ目は「あるものごとが正当であると判断すること」という意味で、ものごとが正しい、そうあるべきと受け入れることです。

3つ目は「あることを良しとして許すこと」という意味で、相手の言い分を聞き入れることです。

上記に共通するのは「受け入れる」という意味です。

「承認」の使い方

「承認」は名詞として「承認する・した」と使われたり、副詞として「承認して」と使われたりします。

基本的に、あるものごとを正しい、良しと判断して受け入れることに使われる言葉です。

「承認」の例文

・『アルバイトをする為に学校から承認を受ける』

「確認」と「認識」と「承認」の違い

「確認」「あるものごとがはっきりそうであると分かった上で、認めること」という意味です。

「認識」「あるものごとの本質や意味を、頭の中で理解すること」という意味です。

「承認」「あるものごとを正しい、良しと判断して受け入れること」という意味です。

まとめ

今回は「確認」「認識」「承認」について紹介しました。

「確認」「確かめて判断する」「認識」「頭で理解する」「承認」「受け入れる」と覚えておきましょう。