「プロダクションマネージャー」と「プロデューサー」と「ディレクター」の違いとは?分かりやすく解釈

「プロダクションマネージャー」と「プロデューサー」と「ディレクター」の違いとは?専門用語・業界用語

この記事では、「プロダクションマネージャー」「プロデューサー」「ディレクター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「プロダクションマネージャー」とは?

映像制作会社などで企画や制作を担当する人達の統括者という意味合いがあり、製品の制作において、コンセプト設計と企画から仕上げ、予算管理、スケジュール工程の指揮や進行管理をする仕事を指します。

CMの制作においてはプロデューサーの補佐として、現場やクライアント、取引先との関係を調整するという仕事に特化しており、スケジュールの立案や予算管理も行います。

仕事内容が職種によって若干異なる部分がありますが政策の統括という基本は同じで、制作進行にとっては欠かせない仕事と言えるものです。

「プロデューサー」とは?

テレビ番組やゲーム、映画、音楽ソフト制作の統括的な責任者を指す言葉で、製作資金の提供者または調整者のみを指していた時代もありましたが、音楽の世界では有名アーティストがプロデューサーを勤めて別のアーティストのCDを手掛けるなどというケースも多く見られます。

ディレクターなどからプロデューサーへ転身するというケースも見られます。

映画の場合は監督がプロデューサーは的な仕事を行うケースもありますが、その場合はプロデューサーは監督のプロデューサー業務の補佐を行います。

ゲームに登場するプロデューサーはマネージャー業務を兼任しつつ音楽ソフト制作やライブ開催のプロデュースを行うというケースも見られます。

「ディレクター」とは

テレビ、ラジオ番組などの制作において現場の総監督を行う職業で、照明やカメラなどに対し技術的な指示を出すことも仕事です。

雑誌において編集者をディレクターというケースも有り、やはり作品の方向性を決める仕事と言えるでしょう。

料理ディレクターでは調理及びメニュー開発という仕事を指す場合がありますが、フードディレクターは食品メーカーや飲食店に対してコンサルティングを行う仕事で、レシピ開発や食品パッケージデザイン等も行います。

「プロダクションマネージャー」と「プロデューサー」と「ディレクター」の違い

「プロダクションマネージャー」はプロデューサーの補佐として、現場やクライアント、取引先との関係を調整する、制作現場の運営には欠かせない仕事となっています。

「プロデューサー」は作品のキャスティングやスタッフ選定なども行う製作の統括的な責任者を指す言葉で、映画やテレビ、ラジオ番組だけでなくゲームや動画作品、ライブのプロデューサーなど幅広くプロデューサーが存在しており、プロデューサーはアーティストがなるケースもあります。

なお、映画監督がプロデューサー的な仕事をする場合もあります。

「ディレクター」はテレビやラジオ番組で現場の総監督を行う職業で雑誌編集者をディレクターと指すケースが有るなど多岐にわたったディレクターの仕事があるのが特徴です。

どの仕事も少しずつ混ざり合っている部分がありますが、ディレクターは技術的な知識が特に必要なのでアーティストがなるケースは少なめです。

まとめ

「プロダクションマネージャー」「プロデューサー」「ディレクター」はどれも製作する業務には欠かせない仕事となっています。

この中では最も権限があるのがプロデューサーですが、重要度に関しては「プロダクションマネージャー」「プロデューサー」「ディレクター」は必須レベルと言えるでしょう。