「道理」と「理屈」と「屁理屈」の違いとは?分かりやすく解釈

「道理」と「理屈」と「屁理屈」の違いとは?生活・教育

「道理」「理屈」「屁理屈」はご存知でしょうか。

この記事では、「道理」「理屈」「屁理屈」の違いを分かりやすく説明していきます。

「道理」とは?

「道理」「どうり」と読みます。

「道」という字には、「人の守るべきみち」「物事のみちすじ」という意味があります。

「理」は、「ことわり」「物事のすじみち」という意味をもっています。

「道」「理」で構成される「道理」には2つの意味があります。

1つは「そうあるべき当然のすじみち」「正しい論理」という意味です。

一般的には「道理を尽くして説明する」「無理が通れば道理がひっこむ」といった使い方をします。

そしてもう1つは「わけ」「理由」という意味です。

「そんなことが許される道理がない」といった使い方が一般的です。

「道理」の例文

・『道理で彼らが彼女の申し出を断ったわけだ』
・『彼にはものの道理がわかっていない』
・『君もそうかもしれないと考えるのが道理だ』

「理屈」とは?

「理屈」「りくつ」と読みます。

「理」は前述したように、「ことわり」「物事のすじみち」という意味です。

「屈」「詰まる場所」といった意味を含んでいます。

「理」「屈」で構成される「理屈」には2つの意味があります。

1つは「もっともな理論」「筋の通ったわけ」「道理」という意味です。

「理屈に合わない」「そう理屈どおりにはいかない」といった使い方が一般的です。

もう1つの意味は「理論ばかりにかたよること」「無理につじつまを合わせた条理」です。

「理屈屋」といった使い方は日常的に使う言葉です。

「理屈」の例文

・『彼女は理屈の上でしか貧乏を知らない』
・『彼はその理屈がわからないほどばかではない』
・『彼は理屈をこねるのに精力を注ぐきらいがある』

「屁理屈」とは

「屁理屈」「へりくつ」と読みます。

「屁」は、「へ」「おなら」という意味をもっています。

「理」は前述したように、「ことわり」「物事のすじみち」、そして「屈」も前述したとおり「詰まる場所」といった意味です。

「屁」「理」、そして「屈」で構成される「屁理屈」は、「道理に合わない理屈」という意味になります。

「屁理屈を並べる」「屁理屈を捏ねる」といった使い方をします。

「屁理屈」の例文

・『お前の屁理屈はもう聞き飽きたよ』
・『屁理屈ばかり並べて、お前の言ってること全然筋が通ってないよ』
・『屁理屈言ってんじゃねえ』

「道理」と「理屈」と「屁理屈」の違い

以上が「道理」「理屈」「屁理屈」の用語の意味です。

「道理」「理屈」はほとんど同じ意味をもっています。

ですが、ニュアンスは違ってきます。

同じ意味でも「道理」に比べて「理屈」は、ネガティブなイメージで使われることが多いです。

そして「屁理屈」「道理」「理屈」とは違い、「道理に合っていない」という意味です。

まとめ

以上が「道理」「理屈」「屁理屈」の違いです。

「道理」「理屈」は意味がほとんど同じだが、「理屈」の方がネガティブなイメージで使われることが多い。

そして「屁理屈」「道理」「理屈」とは逆の意味で、「道理に合わないこと」を表します。