「清掃」と「掃除」と「洗浄」の違いとは?分かりやすく解釈

「清掃」と「掃除」と「洗浄」の違いとは?生活・教育

誰でも自分の部屋がキレイになると、気持ち良く感じるものです。

このような行為を「清掃」「掃除」「洗浄」などの言葉で表現することができますが、これらの言葉にはどのような意味の相違点があるのでしょうか?

そこでこの記事では、「清掃」「掃除」「洗浄」の違いを分かりやすく説明していきます。

「清掃」とは?

「清掃」「せいそう」という読み方をします。

意味は「キレイに掃除(そうじ)すること」ということを指しています。

「清掃」を構成する「清」の文字は「濁り・汚れがない」という意味合いがあり、「掃」「ゴミやほこりなどを取り除く」ということを意味しています。

このことから「掃除」に解釈になるのです。

「清掃」の例文

「清掃」の例文は以下のようなものがあります。

・『ウチの会社のトイレは清掃員さんがキレイにしてくれるので、いつもピカピカです』
・『我が社では部署の清掃は社員自ら行っています』

「掃除」とは?

「そうじ」と読む「掃除」「ゴミやほこりを掃いたり払ったりして取り除き、キレイにすること」という意味がありますが、一般的に「ゴミ捨てや汚れを落とすことと散らかっているものを片付けること」を言っています。

「掃いたり拭くことで汚れなどを取り去ること」と言うことができるでしょう。

「掃除」の例文

「掃除」の例文は次の通りです。

・『自分の部屋くらいちゃんと掃除しろよ。すごく汚いじゃないか』
・『掃除は毎日するもんだよ。とくに浴槽は水垢がつくからね』

「洗浄」とは

「せんじょう」と読む「洗浄」「汚れを洗い去ること」「水・洗剤などを使って汚れを取り除くこと」となります。

「洗浄」の例文

「洗浄」の例文は以下の通り。

・『強力な洗浄剤を使ったから頑固な汚れもキレイさっぱりだね』
・『トレイ洗浄剤を購入してきたから、これで匂いもなくなるそ』

「清掃」と「掃除」と「洗浄」の違い

ここで「清掃」「掃除」「洗浄」の違いを確認していきましょう。

「清掃」「掃除」は、両方とも「汚れなどを取り除いキレイにする」という意味があります。

この解釈の中で「掃除」は主に「ゴミ捨てや整理・整理整頓」などの単純な作業を指しています。

一方の「清掃」「掃除」の作業に加えて「薬剤などを用いて細かな汚れまで落とすこと」も含まれています。

このことから、「清掃」「掃除」より大がかりで緻密な作業と言ってもいいでしょう。

このように「掃除=ゴミや汚れを取り除く」「清掃=ゴミや汚れを取り除き薬剤などで磨きをかける」という解釈もできます。

これに対して「洗浄」「洗剤・洗浄剤を使って磨きをかける作業」を指しています。

まとめ

これまで「清掃」「掃除」「洗浄」の意味や違いを説明してきましたが、各々の言葉の解釈はかなり異なっています。

私たちも常に気持ち良く生活・仕事ができるように身の回りをキレイにしておきたいものです。