「拙劣」と「稚拙」と「幼稚」の違いとは?分かりやすく解釈

「拙劣」と「稚拙」と「幼稚」の違いとは?生活・教育

社会人になっても精神的に成長しきれていない人がいるものです。

そのような人を見ると、「拙劣」「稚拙」「幼稚」と言ったような言葉が浮かんでくるのですが、どのような意味を持っているのでしょうか?

そこでこの記事では、「拙劣」「稚拙」「幼稚」の違いを分かりやすく説明していきます。

「拙劣」とは?

「せつれつ」という読み方をする「拙劣」「技術や出来具合が下手なこと」「つたないこと」を意味しています。

「下手であったり汚かったりする」など、あまり良くない状態や様子を示す言葉と使われているのです。

「拙劣」の例文

「拙劣」の例文は以下のようなものが挙げられます。

・『二人はうまくやってるつもりだったが、よく見ると拙劣だった』
・『彼らの技術がなんと拙劣なことか』

「稚拙」とは?

「ちせつ」という読み方になる「稚拙」は、「技術や作品が子供っぽく下手なこと」、あるいは「幼稚で未熟なこと」「そのようなさま」のことを指しています。

「稚拙」の例文

「稚拙」の例文は下記のようなものがあります。

・『いくつになっても稚拙な文章しか書けないんだな』
・『そんな稚拙な行動は止めておけ。自分が恥ずかしくなるだけだ』

「幼稚」とは

「幼稚」「ようち」と読みます。

「年齢が幼いこと」「考え方・行動が未発達なこと」ということを言っています。

「彼は幼稚だ」「幼稚なふるまいだ」などと言う場合は、「年齢の割に考え方や行動が幼くて未熟に見えてしまう」というようなネガティブ的なニュアンスが含まれており、肯定的な意味合いで使われることはないでしょう。

「幼稚」の例文

「幼稚」の例文
・『アイツはやることが全て幼稚なんだ。見ている方が恥ずかしくなるよ』
・『言っている内容が幼稚過ぎて、馬鹿みたいだ』

「拙劣」と「稚拙」と「幼稚」の違い

ここで「拙劣」「稚拙」「幼稚」にどのような違いがあるのかを見ていきます。

「拙劣」「臆病で劣っていること」「気が小さくて弱々しい感じがすること」という意味がありますが、「 下劣な 性格で態度も品がなくて劣っている」という意味合いを含んでいます。

「稚拙」「幼稚でつたないこと」という意味であり、ここで言っている「幼稚」は年齢の幼さを指しているわけではありません。

「考え方や行動が年齢相応のものではなく未発達レベルで低いこと」を言っています。

「幼稚」
「幼稚」「考え方や行動が未熟なこと」という意味を持つ言葉。

「幼いこと」「年齢が低いこと」の意味も含まれていますが「考え方・行動の未熟さ」を強調する場合は「稚拙」を使う方がいいでしょう。

まとめ

ここまで「拙劣」「稚拙」「幼稚」の意味や違いを解説してきましたが、「幼い」という意味が強調されていることが分かったかと思います。

しかし、社会に出て仕事をするようになると、自ずから成長して未熟な要素は徹底的に取り除いていかなければなりません。