「煎茶」と「ほうじ茶」と「玄米茶」の違いとは?分かりやすく解釈

「煎茶」と「ほうじ茶」と「玄米茶」の違いとは?分かりやすく解釈食べ物

皆さんは1年でどのくらい日本茶を飲む機会があるでしょうか?

最近ではミネラルウォーターが愛用している人が増えていますが、日本茶も密かなブームとして見直されてきした。

しかし、「煎茶」「ほうじ茶」「玄米茶」と言ったお茶はどのようなものなのでしょう?

そこでこの記事では、「煎茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違いを分かりやすく説明していきます。

「煎茶」とは?

「せんちゃ」と読む「煎茶」は、緑茶の種類の1つで、「太陽の光を浴びせたまま栽培して、新芽を使いながら何段階にも分けて茶葉を揉みながら乾燥させていく製法の緑茶」です。

その育て方や加工方法によっては、煎茶の他に、玉露・玉緑茶・番茶などの種類がありますが、煎茶は新芽が出てから摘み取るまで日光を遮らずに育てる点が特徴なのです。

「煎茶」の例文

「煎茶」の例文は次のようなものになります。

・『煎茶の美味しい飲み方はきゅうすに茶葉を2gほど入れてお湯を注ぎ2分程度で茶碗に注いで飲むのがいいのです』
・『煎茶は緑茶の一種ですね』

「ほうじ茶」とは?

「ほうじ茶」も緑茶の1つなのですが、「茶葉を焙(ほう)じて飲むお茶のこと」を指しています。

葉が赤茶色に変わるまで強火で焙じて作る点が特徴を言えるでしょう。

「ほうじ茶」の例文

「ほうじ茶」の例文を見ると、次のようなことが言えます。

・『ほうじ茶は高温で焙じるために香ばしい香りがします』
・『ほうじ茶はタンニンやカフェインが少ないので、ガブ飲みができるんだよ』

「玄米茶」とは

「げんまいちゃ」と読む「玄米茶」は、「水に浸して蒸した米を炒って番茶・煎茶などをほぼ同じ量の程度で加えたお茶」です。

炒った米の香ばしさにあわせて、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが特徴。

米が混ぜられているために、煎茶や番茶の使用量が少なくなり、カフェインの含有量も少なくて、子供から年配の人まで楽しめるお茶なのです。

「玄米茶」の例文

「玄米茶」の例文は以下の通り。

・『玄米茶は香りを良くするために95度くらいの高温のお湯を注ぐのがポイントです』
・『僕は玄米茶を冷やして飲むのが好きだな』

「煎茶」と「ほうじ茶」と「玄米茶」の違い

ここであらためて「煎茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違いを整理してみましょう。

「煎茶」「緑茶、いわゆる不発酵茶」の1つで、「日光を遮らずに栽培しつつ、新芽を何段階にも分けて茶葉を揉みながら乾燥させて作る緑茶」です。

「ほうじ茶」「葉が赤茶色になるまで強火で焙じて作るお茶」であり茶葉を焙じて飲用します。

「玄米茶」「水に浸して蒸した米を炒って番茶や煎茶などを加えたお茶」となります。

このことから製法が異なっているのです。

まとめ

「煎茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違いを説明してきましたが、お茶の楽しみ方を理解しながら、ゆっくりとリラックスタイムを過ごすのはいかがでしょうか?

日本茶もペットボトルで販売されるようになりましたが、お湯を注ぎ飲むのもいいでしょう。