スポンサーリンク

「実名」と「本名」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「実名」と「本名」の違い生活・教育

この記事では、「実名」「本名」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実名」と「本名」の違い

「実名(じつめい)」とは「本当の名前」を意味していて、「本名(ほんみょう)」「本当の名前」を指示している点で、この二つの言葉に大きな意味の違いはありません。

「実名」「本名」は基本的に同義語として解釈されます。

ただし「実名」には「意図的・社会的(便宜的)に本当の名前を避けるために使っている仮名(ペンネームなど)ではない」という意味のニュアンスがあります。

「本名」にもそのニュアンスはありますが、「本名」の場合には「公的な本人証明に記載された本当の名前(生まれた時に役所に届け出た名前)」というニュアンスのほうが強くなっている違いを挙げられます。

「実名」と「本名」の使い方の違い

「実名」「本名」の言葉は両方とも、「本当の名前」という意味合いで使われる同義語です。

「実名」という表現は、「本当の氏名が分からないようにするために使用している仮名・偽名ではない」といった意味のニュアンスで使われています。

「実名」「本名」と比べると、「戸籍に記載されている本物の名前」といった意味合いがやや弱いといった違いがあります。

「本名」という言葉は、「役所(公的機関)に本物の名前として届け出て登録されている名前」といった意味のニュアンスが「実名」よりも強くなっています。

また「本名を偽る」という言い回しはありますが、「実名」「実名を偽る」という言い方はほとんどしません。

「実名」の場合、「実名を伏せる・実名を隠す」の表現のほうが多いといった違いもあります。

「実名」と「本名」の英語表記の違い

「実名」「本名」は英語で記述するときには厳密な区別はありません。

そのため、「実名」「本名」を英語で表記すると以下のようになります。

“real name”……偽名や通称などではない本当の名前。

実名・本名。

ただし、市役所などの公的機関に届出をして登録している法的な名前である「本名」のニュアンスを強調したい時には、以下の英語も使えます。

“legal name”……法律上の正式な名前。

実名よりも本名のニュアンスに近い英語表記。

「実名」の意味

「実名(じつめい)」とは、「便宜的に使っている仮名・ニックネームなどではない本当の名前」を意味している言葉です。

「実名」というのは、「嘘偽りのない真実の氏名」を指示している表現です。

また「実名」には、「社会的な都合や便宜的な意図があって使用している仮名・通称ではない本物の名前」といった意味のニュアンスも備わっています。

「実名」の使い方

「実名」という言葉は、「仮名や偽名などではない本当の名前」の意味合いで使われています。

「実名」の言葉の使い方は「少年犯罪の実名報道をしても良いかどうかについて、未成年者の重大事件が起きる度にいつも議論になります」のように、「実際の名前を隠すための仮名などではない」といったニュアンスで使用されます。

「実名」は、「何らかの社会的意図や事実の隠蔽などのために使う仮の名前ではない、本当の氏名」のニュアンスで使われやすいのです。

「実名」を使った例文

・『この書類に書かれている内容を有効にするためには、実名での署名と現住所の記載が必要になります。』

・『漫画家を志した時、実名で漫画を描くのが良いのか、ペンネームを使ったほうが良いのかで結構迷いました。』

・『現代では、凶悪犯罪者は年齢や精神状態を問わずに実名報道すべきとの世論の声も強まっています。』

・『実名でYouTubeの投稿をすると、YouTuberとして成功しなかった時に黒歴史になるリスクもあります。』

・『実名でインターネットの議論・活動に参加する場合には、メリットとデメリットの両面を考えておいたほうが良いでしょう。』

「実名」の類語

「実名」の類語には、以下の言葉があります。

・『本名(ほんみょう)』……戸籍などにも登録されている本当の名前。

「実名」の対義語

「実名」の対義語には、以下の言葉があります。

・『匿名(とくめい)』……実名を隠して、誰か分からないようにしてつけられた名前。

・『仮名(かめい)』……実名ではない、ある場面だけで使用する前提の仮の名前。

・『芸名(げいめい)』……歌手・俳優などの芸能人が使っている、実名ではない仕事用の名前。

・『ペンネーム』……作家・漫画家などが使用する、実名ではない作品の考案者・作成者としての名前。

「本名」の意味

「本名(ほんみょう)」とは、「偽ったり隠したりしていない本当の名前」を意味しています。

「本名」という言葉には、「偽名・仮名ではない本物の氏名・正式の名前」といった意味合いがあります。

「本名」の表現は、「区役所・市役所などの公的機関に正式な氏名として届け出ている名前」といったフォーマルなニュアンスがあります。

「本名」の使い方

「本名」は、「偽名などではない本当の名前」の意味で使用することができる言葉です。

「本名」の言葉は、「役所などに届出して登録している正しい名前・本当の氏名」の意味合いで使うといった使い方になります。

「本名」の表現は、「その名前に嘘やいつわりがない・何らかの理由や意図で本当の氏名を隠していない」などのニュアンスで使われているのです。

「本名」を使った例文

・『ビジネスの取引においては、ニックネームなどの適当な名前ではなくて、本名を名乗るのが常識でありマナーです。』
・『ネット社会では、本名も誰にでも教えて良いわけではない重要な個人情報の一つになっています。』
・『複数の偽名を使い分けて結婚詐欺を働いていたその男の本名がようやく判明しました。』
・『私は自分の本名に使われている漢字の音の響きとその字義が気に入っているのです。』
・『有名な漫画家として世の中に知らない人がいないほどの人気ですが、彼女の本名を知る人は極めて限られています。』

「本名」の類語

「本名」の類語には、以下の言葉があります。

・『実名(じつめい)』……仮名・匿名・ペンネームなどで隠していない本当の名前。

「本名」の対義語

「本名」の対義語には、以下の言葉があります。

・『偽名(ぎめい)』……犯罪・欺瞞・隠しごとなどの意図があって、わざと偽って名乗っている名前。

・『仮名(かめい)』……本物の氏名ではない、その場だけ(限定された状況だけ)で通用する仮の名前。

・『通称(つうしょう)』……正式な本名ではないが、世間一般でその名前で自己定義して通用している通り名。

・『源氏名(げんじな)』……世間一般に自分がそこで働いていることを知られたくない風俗産業などで使用されることが多い仮名・ニックネーム。

まとめ

「実名」「本名」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「実名」「本名」の意味・使い方・英語表記の違いや類語・対義語を詳しく知りたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。