スポンサーリンク

「格別」と「別格」と「特別」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「格別」と「別格」と「特別」の違いとは?生活・教育

他とは違う印象を持った時に使われる言葉で、「格別」「別格」「特別」というものがあります。

同じような意味合いに感じる三つの言葉ですが、果たして違いはどこにあるのでしょうか。

この記事では、「格別」「別格」「特別」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「格別」【かくべつ】とは?

「格別」とは、普通とは違っていることを表現する言葉です。

言葉の中にある「格」の字には、物事の位置づけという意味が含まれており、「別」の字には、きまりをつけて分けるという意味が含まれています。

ですから「別格」は、物事の位置づけが他とは分けられるということを表す言葉になります。

「格別」の言葉の使い方

「格別」は、他とは違うだけで使われるものではなく、他より優れているという時に使われる言葉です。

そして、他とは違うことよりも、優れているということに重きを置いた言葉になります。

その為、そのものの存在自体というよりは、そのものの技術に対して使われる言葉です。

「格別」の例文

・『このホテルのサービスは格別だ』
・『このレストランの肉料理は格別に美味しい』

「別格」【べっかく】とは?

「別格」とは、他とは位置づけが違う、扱いが違うといった意味になります。

上述の「格別」の文字の並びが反対になっただけなので紛らわしいものがあります。

「別格」の言葉の使い方

「別格」は、他より優れているのに加え、位置づけが違うことに重きを置いた言葉になります。

その為、技術というより、そのものの存在自体に対して使われる言葉です。

他とは違う優れた技術を持ったその存在が、他とは数段上の位置づけであることを強調しています。

「別格」の例文

・『彼は野球界の中において別格の存在だ』
・『素晴らしい演技を見せる彼は俳優として別格だ』

「特別」【とくべつ】とは?

「特別」は、他とは違うこと、区別されることを表しています。

「特別」の言葉の使い方

他より優れているいないに関わらず、他と区別されている時に使われる言葉になります。

その為、良い意味で使われる時もあれば、悪い意味で使われる時もある言葉です。

「特別」の例文

・『社長の息子というだけで特別扱いを受ける』
・『特別に3割引きにしてもらった』

「格別」と「別格」と「特別」の違い

「格別」とは、「そのものの技術が他より優れている」ことを表した言葉です。

「別格」とは、「優れた技術を持ったその存在の位置づけが数段上」であることを表した言葉です。

優れているということなので、「格別」「別格」どちらも良い意味で使われる言葉です。

「特別」とは、「他とは区別されている」時に使う言葉になります。

区別されているというだけなので、良い意味でも悪い意味でも使われる言葉です。

まとめ

「格別」「別格」「特別」について紹介しましたが、違いが認識できたでしょうか。

微妙な違いで紛らわしい所もありましたが、これらの言葉を上手に使い分けて日常生活に役立ててもらえたら嬉しいです。