スポンサーリンク

「昔話」と「童話」と「おとぎ話」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「昔話」と「童話」と「おとぎ話」の違いとは?生活・教育

この記事では「昔話」「童話」「おとぎ話」の言葉の意味や違い、使い方を分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「昔話」とは?

「昔話」「むかしばなし」と読みます。

「昔」という字には「遠く過ぎ去った時代」「長い年月をへた以前」といった意味があります。

そして「話」という字は「ものがたり」「語られる内容」「物語のすじ」という意味をもっています。

「昔」「話」から構成される「昔話」は、「昔のことの話」「昔語り」という意味や、「むかしむかしなどの言葉で語り始めて、子供などに語り聞かせる空想的な物語」といった意味合いもあります。

「昔話」の例文

・『お祖母さんの昔話は耳にたこができるほど聞かされた』
・『酒でも飲みながら、昔話に花を咲かせるとするか』
・『酒場で会うと色々な昔話をしてくれる』

「童話」とは?

「童話」「どうわ」と読みます。

「童」には「小さい子ども」「わらべ」といった意味があります。

そして「話」は前述したとおり「ものがたり」などの意味を持っています。

「童」「話」の漢字から成る「童話」とはは、「童心を基調として児童のために作られた物語」のことをいいます。

「童話」の例文

・『この童話は七歳の子が読むのに十分やさしい』
・『わたしが子供の頃に読んでいた絵本や童話』
・『童話だけどこれは面白かったわ』

「おとぎ話」とは?

「おとぎ話」は漢字で表すと「御伽話」、もしくは「御伽噺」となります。

「伽」という一文字には、「退屈をなぐさめるために話し相手をすること」という意味があります。

「おとぎ話」とは「子供に語って聞かせるための昔話や童話の類」のことです。

また「、空想的で現実離れした話」の比喩にも用いられます。

「おとぎ話」の例文

・『おとぎ話が終わるか終わらないかのうちに子供が寝てしまった』
・『山田さんがその心ひかれるおとぎ話をやさしい日本語に翻訳した』
・『子供の頃、母はよく私におとぎ話を聞かせてくれた』

「昔話」「童話」「おとぎ話」それぞれの違い

用語の意味はお分かりいただけたでしょうか? 「昔話」には、昔から語り継がれてきた話という意味があります。

語り継がれてきた話なので、作者が誰かはわかりません。

また「昔話」には個人的な過去の話などの意味もあります。

「童話」は子供が読むことを前提に作られた物語です。

作られた物語なので、当然作者は存在します。

「おとぎ話」とは子供に語って聞かせるための昔話や童話のことです。

「おとぎ話」の中には語り継がれてきた「昔話」も、そして創作である「童話」も含まれます。

まとめ

以上が「昔話」「童話」「おとぎ話」それぞれの言葉の違いでした。

「昔話」は語り継がれてきた話、「童話」は子供のために作られた物語、そして「おとぎ話」の子供に語って聞かせるための物語で「昔話」「童話」も含まれるという事がわかりました。