スポンサーリンク

「奥二重」と「二重」と「一重」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「奥二重」と「二重」と「一重」の違いとは?生活・教育

人の印象は瞳やまぶたでガラリと変わってくるものです。

その中で「奥二重」「二重」「一重」の方がいらっしゃいますが、どのような違いがあるのでしょうか?
そこでこの記事では、「奥二重」「二重」「一重」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「奥二重」とは?

「奥二重」「おくぶたえ」という呼び方をしています。

「奥二重」「二重になっている部分がかなり狭い二重まぶたになっていること」を意味しており、 上のまぶたが覆いかぶさると、一重まぶたのように見えてしまう点が特徴的。

そのために自分はずっと一重まぶただと思い込んでいる人も多く、実は奥二重だったということが少なくないのです。

「奥二重」の例文

では、「奥二重」の例文を見ていきましょう。

・『奥二重は一重にはない二重ラインがしっかりとある』
・『彼女の目は奥二重だ』
やはり目にまつわるケースで使われいることが多いのではないでしょうか。

「二重」とは?

「二重」「にじゅう」と読み、「同じ種類のものが2つ重なった状態になっていること」という意味があり、「重複(ちょうふく)」のことを指しています。

この他には「ふたえ」という読み方もあるのですが、「上まぶた開けた時に、外側に折り畳まれて皮膚が二重になる状態」という意味でも使われているのです。

「二重」の例文

・『彼女のまぶたは二重になっていて美しい』
・『セクシーな二重まぶたが眩しい』
「二重」の例文でも、女性の美しさを強調するような場面で使われています。

「一重」とは

「ひとえ」と読む「一重」とは「重なっていないこと」「花びらが重なっていないこと」という意味を持っています。

これに加えて、「まぶたを開ける時に二重で皮膚が折れ返らずに、まつ毛の上に皮膚が乗っている状態」を指すこともあります。

「一重」の例文

「一重」の例文は以下の通りです。

・『彼のまぶたは一重だね』
・『僕は一重の方が好きだね』

「奥二重」と「二重」と「一重」の違い

では、ここで「奥二重」「二重」「一重」の違いを整理してみましょう。

「奥二重」とは「二重まぶたのうち、横のひだが皮膚の内側に隠れて目立たないこと」を指していました。

「奥二重」「一重」と比較してみると、大きな相違点は二重ラインがあるかどうかということ。

外見的には同じ状に似て見えるのですが、「奥二重」は二重ラインがあり一重ではありません。

「奥二重」「二重ライン」があるために、まぶたの種類としては二重とされています。

外見上は「一重」に見えても「奥二重」はまぶたの内側にある筋肉の付き方や働き方が「一重」と異なっているのです。

これが「二重」になると、完全に「皮膚が外側に折り畳まれていること」がはっきりと分かります。

まとめ

ここまで「奥二重」「二重」「一重」の違いを説明してきましたが、まぶたの状態で人の印象がかなり違って見えてきます。

しかし、このことをかなり気にしている人もいるかもしれないので、あまり人の顔をジロジロと見ることは避けておいた方や無難です。