スポンサーリンク

「単純」と「シンプル」と「簡単」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「単純」と「シンプル」と「簡単」の違いとは?生活・教育

この記事では、単純とシンプルと簡単の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

単純とは?

単純とは、よけいなものが混じっていない一つの要素でできたものという意味があります。

別のものが溶けて混ざっていない液体であるものもこの単純に当てはまります。

単純の使い方には「単純な設計」「単純な仕掛け」「単純な性格」などと使います。

家や機械、人などにも使えるこの言葉は簡単な骨組み構成でできた設計の家であったり、簡単な仕掛けで動くロボット、すぐに人の意見に流されやすい性格の人であるときの意味として使われる言葉です。

また、「単純な人の特徴」「単純な人の動き」「単純な設計ミス」などその人や物事について簡潔かつ分かりやすく要点を伝えるときにも使われています。

そして、使いやすいもの、簡単であることを伝えることも単純に当てはまります。

シンプルとは?

シンプルとは、無駄がない状態という意味合いになります。

簡素という意味合いもあり、無駄なことがなく、めんどうな問題点がない物事に対して使われています。

良い状態であるときに使われることが多いシンプルの使い方には、「シンプルな暮らし」「発想がシンプル」「シンプルイズベスト」などプラスの良い意味である言葉として紹介するときに使えます。

無駄がなければ毎日の生活も快適にでき、いろいろと余計なことを考えなければ自分のやりたいことをスムーズにできます。

また、すっきりという意味合いがありますので、ファッションで使うときは「シンプルなコーデ」といい意味になるよう表現します。

何枚も服を着ると色や形が煩くなってしまうのでかえってダサくなってしまいますが、数枚の服を自分なりに着こなした方がよっぽど素敵なコーデになります。

簡単とは?

簡単とは、物事が実にたやすくできることという意味があります。

すぐにできて、終わらせることができるというときに使われる言葉です。

使い方としては「簡単に説明する」「簡単な問題」「とても簡単」と使います。

説明も要点だけを伝えることで人に分かりやすく説明ができますし、多くの人がたやすく回答できるようなものを選べば短時間でスムーズに答えられます。

とても簡単と書くと「さらに容易」と表現できる言葉になります。

また、「この問題に対して文句を言うだけなら簡単だ」には、手は出さずに文句だけ言うなら誰でもできるけど、そんな文句を言う人に限って面倒なことには手を出さず、遠くから言葉を投げかけるだけで役にも立たないと人と表します。

単純とシンプルと簡単の違い

不純物のない一つの要素できているからこそ分かりやすいさまを単純といい、容易にできて、時間をかけずにできる場合に使います。

この2つの言語の違いは、わかりやすい状況と時間がかからない状況の違いがあります。

一方、シンプルでムダがない状態のことであり、状況とは意味合いが違ってきます。

まとめ

3つの言語には、わかりやすく手間がかからずに容易という意味がある言葉です。

シンプルな問題は簡単に回答できますし、単純でわかりやすいので回答しやすいと使えます。

タイミングを考えて、どれだけ簡単で単純なことか伝えられる言葉なのか意味について深堀して、どういった状況のときに言い表せばいいか学んでみるといいでしょう。