「完全子会社」と「子会社」と「グループ会社」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

「完全子会社」と「子会社」と「グループ会社」の違いとは?ビジネス・就職・転職

「完全子会社」「子会社」「グループ会社」
それぞれの言葉にはどのような意味があり、どのような違いがあるのでしょうか?
この記事では、「完全子会社」「子会社」「グループ会社」の意味や違いについて分かりやすく説明していきます。

「完全子会社」の意味とは?

「完全子会社」とは、「発行済株式総数(議決権)のうち100%を他の会社(=親会社)に保有されている会社」のことです。

ただし、個人や相互会社、有限会社などに所有されている場合は「完全子会社」とは呼びません。

また、「完全子会社」は条件を満たせないので、証券取引所に上場することができません。

また、M&A(Mergers and Acquisitionsの略で、企業間の合併・買収、もしくは提携)などにより、上場していた会社が発行済株式の100%を他社に取得された場合は上場廃止となります。

「完全子会社」の例

・ソニーグループ株式会社(親)とソニー株式会社(完全子会社)
・アサヒグループホールディングス株式会社(親)とアサヒ飲料株式会社(完全子会社)

「子会社」の意味とは?

「子会社」とは、「発行済株式総数(議決権)のうち過半数(=50%)を他の会社(=親会社)に保有されている会社」のことです。

また、議決権の保有率が50%を下回っていても、資金、技術、人事、経営方針の決定などで実質的な支配が及んでいる場合など、一定の要件を満たすことによって「子会社」と判定されます。

「子会社」の種類

「子会社」には、先述した「完全子会社」の他にもいくつか種類があります。

「孫会社」:発行済株式の50%を他社(=親会社)に保有されている会社(=子会社)に、発行済株式の50%を保有されている会社のことです。

親会社から見て「子会社の子会社」になります。

「兄弟会社」:親会社が同一の子会社同士のことです。

「特例子会社」:障害者の雇用にかんして特別の配慮を行い、障碍者雇用の促進と安定を目的として設立される子会社のことです。

「子会社」の例

・ソフトバンクグループ株式会社(親)とソフトバンクグループジャパン(子会社)
・ソフトバンクグループ株式会社(親)とソフトバンク(孫会社)

「グループ会社」の意味とは?

「グループ会社」とは、親会社を中心に子会社、孫会社、関連会社などで形成される企業グループのことを指します。

ちなみに、「グループ会社」という法律上の定義や言葉はなく、「関係会社」と似たような意味で用いられることが多いようです。

「グループ会社」の例

・ソニーグループ
・ソフトバンクグループ

まとめ

「完全子会社」とは、「発行済株式総数(議決権)のうち100%を他の会社(=親会社)に保有されている会社」のことです。

「子会社」とは、「発行済株式総数(議決権)のうち過半数(=50%)を他の会社(=親会社)に保有されている会社」のことです。

「グループ会社」とは、親会社を取り巻く子会社や関連会社で形成される企業グループのことを指します。

「グループ会社」という法律上の定義や言葉はありませんが、「関係会社」と似たような意味で使用されています。