スポンサーリンク

「ご助力」と「ご尽力」と「ご協力」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ご助力」と「ご尽力」と「ご協力」の違いとは?生活・教育

ビジネスシーンでよく使われる言葉の「ご助力」「ご尽力」「ご協力」、この3つの言葉を正しく使えていますか? この記事では、「ご助力」「ご尽力」「ご協力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご助力」【ごじょりょく】とは?

「ご助力」とは、助ける・支援する・協力するなどの力添えに対して使う敬語表現です。

「助力」に接頭語の『ご(御)』が付いており、丁寧な表現になります。

主に相手から助けを受けた際に使い、相手に敬意を表す際に使います。

また、相手に力を貸してほしいとき、目上の人などに丁寧な言葉でお願いするときに使います。

「ご助力」の例文

・『この度のご助力を、とても感謝しています。』
・『〇〇の件でご助力を賜りたくお願い申し上げます』
相手の助けや協力に対して丁寧に感謝を伝えることができます。

また、目上の人に助けを願う場合は「ご助力」を用いて依頼することができます。

「ご尽力」【ごじんりょく】とは?

「ご尽力」とは、相手や目上の人が自分のために力を尽くしてくれたことへの感謝を表す言葉です。

「尽力」に『ご(御)』が付いた丁寧な表現になっています。

「尽力」は相手が自分のために力を尽くしてくれることです。

そのため、自分から「尽力」を頼むことは失礼にあたるため、意味をしっかり理解して使いましょう。

「ご尽力」の例文

・『ご尽力ありがとうございます。』
・『ご尽力いただきましたのに、不甲斐ない結果となり、誠に申し訳ございません』

相手の力添えに対して感謝をする際に「ご尽力」を使います。

また、相手の尽力に対して謝罪をする際も「ご尽力」を用いて、相手への感謝を表すとともに自分の謝罪を伝えることができます。

「ご協力」【ごきょうりょく】とは

「ご協力」とは、相手の協力に対する敬語表現です。

協力には「ともに力を合わせる」という意味があるため、相手の協力を尊ぶ表現として使います。

また、相手へ感謝を伝える際に使います。

「協力」に『ご(御)』を付いた丁寧な表現であり、目上の人に対して感謝をする際にはこの言葉を使いましょう。

「ご協力」の例文

・『ご協力いただきありがとうございます』 ・『引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします』 相手の協力に対しての感謝、また、相手に協力を依頼する際に使える便利な言葉です。

「ご助力」と「ご尽力」と「ご協力」の違い

「ご助力」「ご尽力」「ご協力」は、相手からの力添えに対する感謝を表すことができます。

特に「ご尽力」には「力を尽くす」「骨折り」という意味があり、自分に対して労力を費やしてくれたということです。

そのため、相手への感謝を伝える際は「ご尽力」を用いたほうが感謝の意味がより伝わります。

しかし、相手へ力添えを依頼する場合は、「ご尽力」は用いません。

「ご助力」「ご協力」は、相手への感謝のほか、力添えの依頼もできます。

相手から助けを受けた際は「ご助力」、一緒に力を合わせた際は「ご協力」を使って感謝の意を表しましょう。

まとめ

「ご助力」「ご尽力」「ご協力」は、ビジネスシーンや目上の人対して使える丁寧な言葉です。

言葉の意味やシーンによって使い分けましょう。