「所属社員」と「配下社員」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「所属社員」と「配下社員」の違いビジネス・就職・転職

この記事では、「所属社員」「配下社員」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

「所属社員」と「配下社員」の違い

「所属社員」「配下社員」はどちらも「戦略的人事を実現するタレントマネジメントシステム『カオナビ』において、情報を閲覧できる範囲の指定」を意味していますが、「所属社員」という言葉は「その人が所属している部署とその部署の配下にある部署の情報を閲覧できる権限」を意味しています。

「所属社員」に対して「配下社員」というアクセス権限の用語は、「その人が所属している部署の情報は閲覧できず、その部署の配下階層にある部署の情報だけを閲覧できる権限」を意味している違いを指摘できます。

「所属社員」と「配下社員」の使い方の違い

「所属社員」「配下社員」の使い方の違いは、「所属社員」「戦略的な人事マネジメントシステム『カオナビ』において自分が所属している部署およびその部署の配下階層にある部署の情報にアクセスできる権限」を意味して使われますが、「配下社員」のほうは「自分が所属している部署の情報は閲覧できないが、その部署の配下階層にある部署の情報にはアクセスできる権限」を意味して使われる違いがあります。

「所属社員」と「配下社員」の英語表記の違い

「所属社員」を英語で表記すると、以下のようになります。

“permissions to access your department and lower”(自分の部署および配下階層の部署へのアクセス権限・所属社員)

「所属社員」に対して「配下社員」を英語で表記すると、以下のようになります。

“permissions to access lower department only”(配下階層の部署のみへのアクセス権限・配下社員)

上記のように、「所属社員」の英語表記は“permissions to access your department and lower”などで、「配下社員」の英語表記は“permissions to access lower department only”などであるという違いを指摘することができます。

「所属社員」の意味

「所属社員(しょぞくしゃいん)」という言葉は、「リクルート社が提供する戦略的な人事マネジメントシステム『カオナビ』で、自分が所属している部署およびその部署の配下階層にある部署の情報にアクセスできる権限」を意味しています。

「所属社員」とは、「自分の部署+配下の部署」を見ることが可能な閲覧範囲の設定なのです。

「所属社員」の使い方

「所属社員」という言葉は、「自分の部署とその部署の配下にある部署の情報を見ることが可能な閲覧範囲の設定」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「所属社員の設定になっているので、主任の私であれば同じ部署の人の情報を閲覧することができます」などの文章で使えます。

「所属社員」を使った例文

・『「カオナビ」で自分の所属する部署を閲覧できるようにするために、所属社員の設定にしました』
・『所属社員でなければ、自部署の情報にアクセスできません』
・『所属社員ではない人が無理に自部署にアクセスすれば、不正アクセスになります』
・『上司に所属社員の閲覧範囲の設定にしてくださいと頼んでみました』
・『人材管理の観点から、彼には所属社員の閲覧権限を与えています』

「所属社員」の類語

「所属社員」の類語には、「アクセス権限・アクセス規制・自部署の閲覧が可能な状態」などがあります。

「所属社員」とは、「自部署と下位階層の部署にアクセスできる権限」「自部署よりも上位の部署にアクセスできない規制」を意味しています。

「所属社員」とは、「自部署の閲覧が可能な状態」を示す言葉なのです。

その意味から、「所属社員」と類似の意味を持つ類語として、「アクセス権限・アクセス規制・自部署の閲覧が可能な状態」が挙げられます。

「所属社員」の対義語

「所属社員」の対義語には、「配下社員・閲覧制限なし・閲覧禁止」などがあります。

『カオナビ』の人事マネジメントシステムにおける「所属社員」の直接の対義語は「配下社員」です。

「所属社員」「自分の部署よりも上位階層にはアクセスできない閲覧制限がある状態」なので、その反対の意味の言葉は「閲覧制限なし」になります。

また「所属社員」「閲覧可能な範囲」がある状態なので、それとは反対の言葉として「閲覧禁止」も指摘できます。

そのことから、「所属社員」と反対の意味を持つ対義語として、「配下社員・閲覧制限なし・閲覧禁止」を挙げることができます。

「配下社員」の意味

「配下社員(はいかしゃいん)」という言葉は、「『カオナビ』で自分が所属している部署の情報は閲覧できないが、その部署の下位階層(配下階層)にある部署の情報にはアクセスできる権限」を意味しています。

「配下社員」とは、「自分の部署よりも下位の部署(配下部署)の情報のみ」を見ることが可能な閲覧範囲の設定なのです。

「配下社員」の使い方

「配下社員」の使い方は、「自部署よりも下位の部署の情報だけにアクセスできる権限」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「情報漏えいを防ぐために、一般の社員は配下社員のアクセス権限にしています」といった文章で使うことができます。

「配下社員」を使った例文

・『過半の社員のアクセス制限を、配下社員に設定しています』
・『会社の機密情報保持の観点から、配下社員のアクセス権限にしておくべきです』
・『私は配下社員の閲覧設定になっているので、自部署の他の人の評価はチェックできません』
・『配下社員よりも所属社員の閲覧設定のほうが、見ることができる情報は増えます』
・『配下社員のアクセス権限では、自部署の下位につらなる部署の情報しか確認できません』

「配下社員」の類語

「配下社員」の類語には、「アクセス規制・自部署へのアクセス制限」などがあります。

「配下社員」という用語は、「自部署へのアクセスが規制されている状態」「自分の属する部署に対するアクセス制限」を意味しています。

そのことから、「配下社員」と類似の意味を持つ類語として、「アクセス規制・自部署へのアクセス制限」が挙げられます。

「配下社員」の対義語

「配下社員」の対義語には、「所属社員・閲覧制限の解除」などがあります。

『カオナビ』における「配下社員」の直接的な対義語は、自部署の情報にもアクセス可能な「所属社員」になります。

「配下社員」とは「自部署の情報に対する閲覧制限」を意味していて、それと反対の言葉は「閲覧制限の解除・閲覧制限なしの状態」などになります。

その意味から、「配下社員」と反対の意味を持つ対義語として、「所属社員・閲覧制限の解除」を挙げることができます。

まとめ

「所属社員」「配下社員」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「所属社員」「配下社員」の意味・使い方・英語の違いや類語・対義語を詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。