「思い浮かべる」と「思い浮かぶ」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「思い浮かべる」と「思い浮かぶ」の違い生活・教育

この記事では、「思い浮かべる」「思い浮かぶ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「思い浮かべる」と「思い浮かぶ」の違い

「思い浮かべる」「思い浮かぶ」の違いについて紹介します。

「思い浮かべる」と「思い浮かぶ」の使い方の違い

「思い浮かべる」は、「意識的に心の中で考えようとすること」に使われます。

自分である人やものごとについて思いを巡らそうとする様子を表します。

「思い浮かぶ」は、「自然に心の中に湧いてくること」に使われます。

何もしなくてもその時にふと考えてしまうことに使われます。

「思い浮かべる」と「思い浮かぶ」の英語表記の違い

「思い浮かべる」の英語表現は以下の2つです。

1つ目は「think of」で、「そのことを考える」というニュアンスです。

“I sometimes think of my college friends.”

(私は時々大学時代の友達のことを思い浮かべる)

2つ目は「recall」で、「思い起こす」という意味です。

“I don’t want to recall her name anymore.”

(もう彼女の名前をおもいうかべたくない)

「思い浮かぶ」の英語表現は以下の2つです。

1つ目は「remind of」で、「思い出させる」というニュアンスです。

何かを見聞きして、自然に何かを思い出すイメージです。

“The picuture reminds me of the old memory.”

(その写真で古い記憶が思い浮かぶ)

2つ目は「come to ones mind」で、「心にやってくる」というニュアンスです。

“What comes to your mind when you hear Japanese culture?”

(日本文化と聞いて何が思い浮かぶ?)

「思い浮かべる」の意味

「思い浮かべる」「おもいうかべる」と読みます。

意味は「意識的に心の中にあるものごとを思い出そうとすること」という意味です。

何かのきっかけがあり、自分である人やものごとについて考えようとすることを言います。

過去に出会ったり見聞きしたり、経験したことなどだけではなく、自分でその時の感覚が想像できるものを考える時にも使われます。

単に考えるだけではなく、その時の情景を心の中で描くことも含んでいます。

「思い浮かべる」の使い方

「思い浮かべる」は、「自分で意識してある人やものごとを考えること」に使われます。

「浮かべる」は他動詞で、自動的ではなく、何らかの意思があって起きる動作です。

その時まですっかり忘れていることでも、自分で思い出そうとして記憶をたどり、心のなかでイメージする時に使われる表現です。

「思い浮かべる」を使った例文

・『故郷に帰ってきて、小さい頃一緒に遊んだ友達のことを思い浮かべた』
・『海外旅行に出かけた時の写真を見ながら楽しかった日々を思い浮かべた』
・『彼氏から貰ったプレゼントを見ながら、プロポーズされた時のことを思い浮かべた』
・『遠く離れた両親が自分の成功を喜んでくれる顔を思い浮かべた』
・『自分がこのユニフォームを着て試合で活躍している姿を思い浮かべた』

「思い浮かべる」の類語

「記憶を呼び起こす(きおくをよびおこす)」

忘れていたことを一生懸命思い出そうとする様子を言います。

「記憶の糸を手繰る(きおくのいとをたぐる)」

わずかに覚えていることを頼りに、その時のことを思い出そうとする様子を言います。

「思い浮かべる」の対義語

「忘れ去る(わすれさる)」
自分で記憶を完全に消すことを言います。

「思い浮かぶ」の意味

「思い浮かぶ」「おもいうかぶ」と読み、以下の2つの意味があります。

1つ目は「自然に心に湧いてくる情景や気持ち、考え」という意味です。

自分で特に何も気にしていなくても、ふと心に浮かんでくることを言います。

あるきっかけで心に浮かぶこともあれば、全く関係のない時に心に浮かぶこともあります。

2つ目は「思い浮かべる」の文語形で、硬い文学小説などに使われる言葉です。

こちらの意味は日常会話で使われることはありません。

「思い浮かぶ」の使い方

「思い浮かぶ」は、「自然に心に湧いてくる記憶や気持ち」に使われます。

「浮かぶ」は自動詞で、外的要因がなく自然にその様な動作を取ることを表します こちらの場合は、過去に経験したことや見聞きしたことに対して使われることが多くなります。

「思い浮かぶ」を使った例文

・『ビートルズと聞いて思い浮かぶのはイエスタデイだ』
・『好きなものと言われて思い浮かぶのはピザぐらいだ』
・『思い浮かぶのは、部活で暗くなるまでボールを追っていた日々だ』
・『このまま考えていても何が思い浮かぶ訳でもない』
・『必死に考えたが何も思い浮かばなかった』

「思い浮かぶ」の類語

「脳裏に浮かぶ(のうりにうかぶ)」
考えなどがチラッと頭の中によぎることを言います。

「彷彿させる(ほうふつさせる)」
あるものが、他の何かを思い起こさせることを言います。

「思い浮かぶ」の対義語

「想像できない(そうぞうできない)」
自分の頭の中でイメージできないことを言います。

まとめ

今回は「思い浮かべる」「思い浮かぶ」について紹介しました。

「思い浮かべる」「意識的に考えること」「思い浮かぶ」「自然に湧いてくること」と覚えておきましょう。