「査定額」と 「買取額」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「査定額」と 「買取額」の違い専門用語・業界用語

この記事では、「査定額」「買取額」の違いを分かりやすく説明していきます。

「査定額」と「買取額」の違い

「査定額」「買取額」の違いについて紹介します。

「査定額」と「買取額」の使い方の違い

「査定額」は、「売主が所有しているものを処分する時に、取扱業者に幾らで売却できるかを算出して貰うこと」に使われます。

売主はその金額を参考に売却を検討します。

「買取額」は、「売主が所有しているものを処分する時に、取扱業者が中古品として実際に購入した価格のこと」に使われます。

「査定額」に手数料や割引料金などが加わることがあります。

「査定額」と「買取額」の英語表記の違い

「査定額」の英語表現は以下の2つがあります。

1つ目は「assessed price」で、そのまま「査定額」「評価額」という意味です。

“I was satisfied with the assessed price of my car.”

(私は愛車の査定額に満足した)

2つ目は「appraisal price」「値踏み額」「評価額」という意味です。

“I made up my mind to sell my car to her an appraisal price.”

(私は査定額を聞いて愛車を売ることを決意した)

「買取額」の英語表現は「buying amount」が一般的です。

“I thought I should not accept the buying amount of a used car.”

(中古車の買取額に同意するべきではなかったのではないか)

「査定額」の意味

「査定額」「かいとりがく」と読みます。

意味は「あるものを売却したいと思った時に、それを取り扱う業者に対して幾らで売れるかを算出して貰うこと」を言います。

「査定」「人に対する金額・等級・合否などを、調査したうえで決定すること」という意味で、会社の給与や昇進を決める際に使われることもあります。

「査定額」と言う場合、基本的に人が所有している物を売却する為の参考金額を表します。

その品物を専門に取り扱っている業者に見て貰い、どれ位の金額ならば買って貰えるか、どれ位の価値があるのかなどを見極める時に使われます。

「査定額」の使い方

「査定額」は、「専門業者に中古品の価値を算出して貰うこと」に使われます。

査定する対象としては「土地・家・車・貴金属・車・絵画・骨董品」などです。

上記のものに対して「〇〇の査定額」などと使われることが多くなります。

「査定額」はあくまで「これ位で」という目安の金額ですので、そのまま支払われるとは限りません。

「査定額」を使った例文

・『マンションの査定額が想像以上に低くてショックだった』
・『愛車の査定額に納得したので売ることにした』
・『ブランド品を処分したくてリサイクル業者に査定額を出してもらった』
・『最近ではオンラインで査定額を出してくれる業者が増えている』
・『ジュエリーの査定額に満足できなかったので売るのをやめた』

「査定額」の類語

「見積もり額(みつもりがく)」
大体の金額を出して提示することを言います。

「鑑定額(かんていがく)」
専門的な知識を持つ人が、あるものの価値を判断して金額で表すことを言います。

「査定額」の対義語

「固定額(こていがく)」
ひとつひとつの状態や価値にかかわらず、全て同じ金額で取り扱うことを言います。

「買取額」の意味

「買取額」「かいとりがく」と読み、以下の2つの意味があります。

1つ目は「ほかの人が所有しているものを、自分のものにする為に支払うお金のこと」という意味です。

中古品を売却する時に、業者や必要とする人が売主に対して支払うお金のことを言い、日常的にはこちらの意味で使われることが多くなります。

2つ目は「ビジネスで商品が売れ残った商品を全て仕入れる時の金額」という意味です。

在庫品を返品しない契約で仕入れる時に使われます。

上記に共通するのは「既に誰かが所有しているものを買う時の金額」という点です。

「買取額」の使い方

「買取額」は、「人が所有しているものを、自分のものにする時に実際に支払う金額」に使われます。

対象となるものは幅広く、人が持っているものならば全て当てはまると言って良いでしょう。

「査定額」「専門家が判断する金額」のことですが、「買取額」は素人でも使います。

また、「査定額」を参考に売却する場合でも、手数料やまとめ売りによる割増金、鑑定士の心象などで「買取額」が変わることもあります。

「買取額」を使った例文

・『ブランド品をまとめ売りしたら買取額がアップした』
・『車を売却したが、査定してから日数が経っていたので買取額が減ってしまった』
・『あの業者は買取額が高いのでまた利用したい』
・『質屋に持っていくよりも、リサイクル業者の買取額の方が高かった』
・『ブランド品は買取額の相場を調べてから交渉した方が良い』

「買取額」の類語

「引取り価格(ひきとりかかく)」
物品を受け取り手元におく時に支払う金額のことを言います。

「下取り価格(したどりかかく)」
車などで、その業者から新品を購入することを条件に、古いものを買い取ってもらい、購入代金の足しにすることを言います。

「買取額」の対義語

「売却価格(ばいきゃくかかく)」
ある物を売り払う時に支払う金額のことを言います。

まとめ

今回は「査定額」「買取額」について紹介しました。

「査定額」「幾らで売れるか算出した金額」「買取額」「実際に買う時の金額」と覚えておきましょう。