スポンサーリンク

「possible」と「available」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「possible」と「available」の違い英語
スポンサーリンク

この記事では、“possible”“available”の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「possible」とは?

“possible”の意味は以下の通りです。

1つ目は「ありうる」「起こりうる」という意味で、万が一の仮定を表しています。

2つ目は「可能な」「~をしうる」という意味で、できる・できないを表しています。

3つ目は「我慢できる」「だいたい良い」という意味で、許容範囲であることを言います。

上記に共通するのは「可能性がある」という意味です。

「possible」の使い方

“possible”「ありうる」「起こりうる」「可能な」「~をしうる」「我慢できる」「だいたい良い」などの意味で使われます。

形容詞として使われたり、名詞として「全力」「可能」「最高点」「候補者」などの意味で使われ、対義語は「impossible(インポッシブル)」になります。

基本的に、あることが起きる可能性があるかどうかという時に使われる言葉です。

「available」とは?

“available”の意味は以下の通りです。

1つ目は「すぐに役立つ」という意味で、今すぐに使える状態にあることを言います。

2つ目は「手近にある」「手に入る」という意味で、簡単に手に入れられる状態であることを言います。

3つ目は「利用できる」「用いる」という意味で、使用可能な状態であることを言います。

4つ目は「有効な」という意味で、期限や条件などにあてはまっている様子を言います。

5つ目は「手があいている」「余裕がある」という意味で、人の力が使える状態を言います。

上記に共通するのは「利用できる」という意味です。

「available」の使い方

“available”「すぐに役立つ」「手近にある」「利用できる」「有効な」「手があいている」などの意味で使われます。

形容詞として使われ、動詞形は“avail”になり、「~を利用する」「~の役に立つ」という意味があります。

基本的に、あるものごとが利用できるかどうかという時に使われる言葉です。

「possible」と「available」の違い

“possible”「可能性がある」という意味です。

“available”「利用できる」という意味です。

「possible」の例文

・『It is quite possible. 』(それは大いにありうることだ)
・『It is also possible to sign. 』(署名でも可能です)
・『Please send me as soon as possible. 』(可能な限り早く送って下さい)

「available」の例文

・『Is this seat available?』(この席は空いてますか?)
・『I’m not available right now. 』(今ちょっと手が放せません)
・『This card is not available. 』(これのカードは有効ではありません)

まとめ

今回は“possible”“available”について紹介しました。

“possible”「可能である」“available”「利用できる」と覚えておきましょう。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典