「cold」と「flu」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「cold」と「flu」の違い英語

この記事では、「cold」「flu」の違いを分かりやすく説明していきます。

「cold」とは?

“cold”の主な意味は4つあります。

1つめは、肌寒い、冷たいです。

肌寒いとは、肌が寒く感じることです。

秋の夜や冬にこのような感じがすることがあります。

冷たいとは、温度が低く感じられることです。

熱いお湯で淹れたコーヒーも時間が経つと温度が低くなります。

この状態が冷たいです。

2つめは、人が冷たくなったです。

生きている人間は自ら熱を作りだし、常に一定の体温が保たれています。

しかし、生命がなくなるとこの働きが行われなくなるため、冷たくなります。

そういったことから、人が死んだという意味になります。

3つめは性格や態度が冷たいです。

思いやりがないさまを冷たいといいます。

心の温かみが感じられない状態です。

4つめは、動物などの遺臭・痕跡がかすかなです。

柔らかな地面の上を動物が歩くと足跡がつきます。

しかし、時間が経つにつれて足跡は薄くなってしまいます。

そのときの状態が、痕跡がかすかなが意味するものです。

これらは動詞の意味です。

名詞の意味もあり、名詞では風邪、寒気という意味になります。

「cold」の使い方

動詞では、触ったときの温度が冷たいという意味や、触った感じではありませんが、性格や態度が冷たいという意味で使用をします。

名詞では風邪や寒気の意味で使用をします。

「flu」とは?

“flu”には、流感、インフルエンザという意味があります。

流感とは、流行性感冒の略です。

流行性感冒は、インフルエンザのことを指しています。

感冒とは、くしゃみ・鼻水・咳などの症状を示す疾患です。

インフルエンザは11月ころから4月ころにかけて世の中に広がるので「流行性」の感冒です。

インフルエンザにかかると、発熱やのどの痛みなどの症状が現れます。

他の人にうつることがあり、世界的な大流行となったこともあります。

「flu」の使い方

インフルエンザのことを指して使用します。

“the flu”の形で用います。

「cold」と「flu」の違い

“cold”の名詞の意味にある風邪と“flu”の意味が似ていますが、それぞれの言葉が指しているものはやや違います。

“cold”は、くしゃみ・鼻水・咳などの症状がみられる疾患のことで、ライノウイルス、RSウイルス、エンテロウイルスなど原因となるものはいくつかあります。

“flu”はインフルエンザのことで、ウイルスが原因な点は風邪と同じですが、一般的な風邪とは別のものとして扱われています。

どちらも発熱など同じような症状が見られますが、程度が違います。

程度がひどいのは一般的にはインフルエンザです。

一般的な風邪なのかインフルエンザなのかは、病院で検査をすることでわかります。

まとめ

2つの言葉は、鼻水や咳などの症状が現れる状態を指していますが、一般的な風邪なのか、インフルエンザなのかという点に違いがあります。