「マウス」と「ラット」の違いとは?分かりやすく解釈

「マウス」と「ラット」の違い動物

この記事では、「マウス」「ラット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「マウス」とは?

「マウス」とは、「小さなサイズのネズミ(体長5~10cm・体重16~28g)」「乾燥に強くて湿気に弱い特徴(元々倉庫・畑・草原で暮らしていたため)」を持っています。

アメリカをはじめとする英語圏では、「マウス」「ハムスターのようなペットにもすることができる可愛いネズミのイメージ」を持たれています。

実験動物の「マウス」「ハツカネズミを改良して作られたネズミ」で、遺伝子(がん関連)や育種系の実験に使われやすくなっています。

「ラット」とは?

「ラット」とは、「大きなサイズのネズミ(体長18~28cm・体重200~700g)」「湿気に強くて乾燥に弱い特徴(元々下水や河川で暮らしていたため)」を持っています。

英語圏では、「ラット」「ドブネズミのような食べ物を食い荒らす汚らしい害獣のイメージ」を持たれています。

実験動物の「ラット」「ドブネズミを改良して作られたネズミ」で、新薬(薬物)の生理学的実験に使われやすくなっています。

「マウス」と「ラット」の違い!

「マウス」「ラット」の違いを、分かりやすく解説します。

「マウス」「ラット」は日本では同じネズミとして認識されますが、アメリカなどの英語圏では「マウス」「体が小さなネズミ(体長5~10cm・体重16~28g)」を意味していて、「ラット」「体が大きなネズミ(体長18~28cm・体重200~700g)」を意味しているという違いがあります。

「マウス」「手のひらサイズでペットのような可愛いイメージ」を持たれていますが、「ラット」「汚らしくて人間に害を及ぼす害獣のようなイメージ」を持たれている大きな違いを指摘できます。

しかし、「マウス」のほうが「ラット」よりも闘争本能は強くて、尿の臭いも強くなっています。

実験動物としては「マウス」「ハツカネズミを改良して作った小型のネズミ」「ラット」「ドブネズミを改良して作った大型のネズミ」の違いもあるのです。

まとめ

「マウス」「ラット」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「マウス」とは、「可愛いイメージがある小さいサイズのネズミ」「実験動物としてハツカネズミを改良したネズミ」を意味しています。

「ラット」とは、「汚らしいイメージがある大きなサイズのネズミ」「実験動物としてドブネズミを改良したネズミ」を意味しています。

「マウス」「ラット」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。