スポンサーリンク

「バイソン」と「バッファロー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「バイソン」と「バッファロー」の違いとは?動物・植物・昆虫
スポンサーリンク

この記事では、「バイソン」「バッファロー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「バイソン」とは?

「バイソン」とは、哺乳網ウシ(綱偶蹄)目ウシ科バイソン属に分類されている動物のことを意味しています。

また、「バイソン」「野牛(やぎゅう)」とも言われています。

「バイソン」には、「アメリカバイソン」「ヨーロッパバイソン」の2種がいます。

大きさは種類によって異なりますが、体長は230㎝から380㎝程度、体重は500㎏から2000㎏以上とも言われています。

「ヨーロッパバイソン」の野生個体は絶滅しており、現在ではビャウォヴィエジャの森や、コーカサス山脈などで、再導入が行われています。

「バッファロー」とは?

ここでは、動物の「バッファロー」についての説明をします。

「バッファロー」「アメリカバイソン」の別名で、「アメリカヤギュウ」とも呼ばれています。

「バッファロー」は、アメリカ合衆国や、カナダの草原、森林などに生息しています。

「バイソン」と「バッファロー」の違い

「バイソン」「バッファロー」の違いを、分かりやすく解説します。

「バイソン」とは、哺乳網ウシ(綱偶蹄)目ウシ科バイソン属に分類されている動物のことを言います。

現在「バイソン」「アメリカバイソン」「ヨーロッパバイソン」の2種が存在し、「バッファロー」「アメリカバイソン」の別名です。

従って、「バッファロー」「バイソン」に属していることになり、「バイソン」の一種が、「バッファロー」になります。

まとめ

「バイソン」属の野生動物は、日本でもその化石が発掘されています。

このことから、過去を遡ると、大昔はアジアを含むユーラシア大陸などにも生息していたと考えられています。

「アメリカバイソン」のことを「バッファロー」と呼ぶのは、誤った言い方であるとの意見もあるようです。

「ヨーロッパバイソン」同様、「アメリカバイソン」の中にも、絶滅した野生の個体群があり、各地で再導入が行われています。

動物・植物・昆虫
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典