「oftentimes」と「often」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「oftentimes」と「often」の違い英語

この記事では、“oftentimes”“often”の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは“oftentimes”の意味から取り上げます。

「oftentimes」とは?

最初に“oftentimes”の意味をご説明致します。

“oftentimes”の場合は、「短い間隔で、何回も」ということを指しております。

簡単に書きますと、「しばしば」という表現が分かりやすいはずです。

「often」とは?

次に“often”の意味を解説していきます。

“often”とは、「よくあること」などを指します。

他には、「たびたび」「多くの場合は~」「よく見かける」などになります。

「oftentimes」と「often」の違いとは?

ここでは“oftentimes”“often”の違いを取り上げてみましょう。

“oftentimes”の場合は、頻繁であるときに使います。

その頻繁の度合いが、「短いスパンで、幾度となく」ということです。

また、「しばしば」などと表すこともあります。

「often」の方は、「よくあること」「よく話す」などを指します。

他には、「たびたび」「多くの場合ですと~」などの表現にも使われます。

「oftentimes」を使った例文

ここでは“oftentimes”を使った例文を書いていきます。

・『He comes to see me oftentimes』(彼は何回も会いに来てくれる)
・『I want to cherish it because it is a customer who oftentimes come to the store. 』(お店にしばしば来てくれるお客さんなので、大切にしたいのです)
・『People who oftentimes come to shop』(しばしば買い物に来る人だ)
・『There are customers who come to shop oftentimes』(何回も買い物に来るお客さんがいる)
・『It is also necessary to apologize for being sorry many times』(何回もすみませんと謝ることも必要です)
文法的に、「many times」を用いました。

「often」を使った例文

最後の項目においては、“often”を使った例文を書きます。

・『People who often come to the store these days』(最近しばしばお店に来る人だ)
・『A dandy man I often see』(たびたび見かけるダンディな男性だ)
・『Vaccination should often prevent infections』(ワクチンを接種することで、多くの場合は感染症を防げるはずです)
・『I often see him』(あの人なら、よく見かけます)
・『Flat-rate benefits will often add to your household budget』(定額給付金を多くの場合は、家計の足しにするでしょう)

まとめ

まとめとして“oftentimes”とは、「短い間隔で、何回も」ということです。

簡単にいうと、「しばしば」「足繁く」になります。

“often”の方は、「たびたび」「よく」「多くの場合」などを指しているのです。