「改修」と「改善」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

「改修」と「改善」の違い生活・教育

この記事では、「改修」「改善」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「改修」の意味の方から見ていきましょう。

「改修」の意味

先ず「改修」(かいしゅう)の意味から解説していきます。

「改修」の意味としては、我々の日常生活を支えている道路や家の劣化部分などを修理する意味を持っています。

「改修」の意味の解説でした。

「改修」の使い方

ここでは「改修」の使い方について説明します。

「改修」を使う場合は、対象になる道路や建物などで、修理する必要がある部分が出た場合の事を表す時に、使っていきます。

それでは具体的な使い方の方を見てみましょう。

「家のベランダ部分を改修する必要がある」
「道を改修し、ガードレールなども設置する予定があるようだ」
このような使い方があるのです。

「改修」を使った例文

・『鉄橋を改修している』
・『道路の改修工事を徹夜で頼むと言われた』
・『改修する予算としては3,000万円だ』
・『改修予定が延期になった』
・『これから橋と道路の改修工事が行われるようです』

「改修」の類語

「改修」の類語を見てみます。

「改修」の類語としては、「取り繕う」(とりつくろう)や「修理」(しゅうり)、「リニューアル」などが類語になります。

意味としては、現在において修理などが必要な物に対して、手を加えて直していくという意味や意味合いがあります。

「改修」の対義語

それでは「改修」の対義語の方を見ていきます。

「改修」の対義語としては、「破壊」(はかい)や「破損」(はそん)、「壊れている」などが対義語になるでしょう。

意味としては、既存の物などが、なんらかの不可抗力によって壊れてしまったり、破損してしまうという意味を持っております。

よって「改修」の対義語としては妥当と判断致します。

「改善」の意味

ここでは「改善」(かいぜん)の意味をご説明致します。

「改善」の意味としては、問題とされている箇所に対して、手を加えて改良して良くするという意味があります。

基本的に「改善」というのは、既存のものに手を加えて良くするというものですから、その「改善」によって良くなったものが、派生型として量産される場合もあります。

良い例が、零戦の派生型などを見てみるとよく分かるはずです。

以上が「改善」の意味となります。

「改善」の使い方

次は「改善」の使い方の方を取り上げていきます。

「改善」を使う時は、問題点に対して、手を加えて改良してみるというものを表す時に使います。

それでは具体的な使い方を見ていきます。

「紫電改の離陸距離をもっと縮めるための改善が必要だ」
「零戦の防御能力に対しての改善は必須である」
以上が「改善」の使い方です。

「改善」を使った例文

・『生活スタイルを改善したら、健康になった』
・『スポーツカーの燃費については改善が必要だろう』
・『改善箇所を明確にして、すぐに書類を提出する必要がある』
・『通信能力を改善して欲しいとの要望が基地からあった』
・『改善する部分は、防御力と通信能力だろう』

「改善」の類語

この項目では「改善」の類語を見ていきます。

「改善」の類語として挙げられるのは、「改良」(かいりょう)や「進歩」(しんぽ)、「向上」(こうじょう)、「改革」(かいかく)などが類語になります。

これらの類語の意味としては、既存の物がもっと良くなるようにしたり、性能が向上したり、全く新しいものになるという意味合いなどがあります。

「改善」の対義語

「改善」の対義語を見てみます。

「改善」の対義語として考えられるのは、「改悪」(かいあく)や「退化」(たいか)などが対義語になります。

これらの対義語の意味としては、改めようと改良などを推し進めたものの、余計に劣化したり、状態が悪くなるという意味や意味合いがあります。

「改修」と「改善」の違い

ここでは「改修」「改善」の違いを取り上げてみましょう。

「改修」というのは、我々の日常生活を支えている家や道路などの、劣化した部分や改めるべき部分を修理する意味があります。

一方で「改善」の方は、問題点と認識されている部分に対して、色々と検討した結果を基づいて、手を加えていき改良して、更に良くするという意味があります。

こうして見てみますと、前者は建物や公共的なものに使うというのが分かりますし、後者は基本的になんでも使えるということになるのです。

「改修」と「改善」の使い方の違い

最後の項目において「改修」「改善」の使い方の違いについて取り上げて、終了となります。

それでは使い方の違いを見ていきます。

先ず「改修」というのは、家だったり道路などの、劣化してしまった部分などを修理などして元通りにするという意味が含まれております。

そして、「改善」の方は、問題のある部分に対し、最善とされる策や技術などを用いて、更に良くしていこうという意味を持っております。

それでは具体的な使い方と違いを見てみましょう。

「明日からマンションの改修工事が行われるようだ」
「道路の改修工事を行うには、ある程度の予算を確保してから、手をつけるべきだ」
以上が「改修」を使った使い方です。

次は「改善」を使った例を書いていみたいと思います。

「改善点として挙げられるのは、機動性の低さです」
「改善するのはいいが、改悪にならないようにしないといけない」
このような具合で使えますし、違いについてもよく分かるはずです。

以上が「改修」「改善」の使い方の違いとなります。

まとめ

まとめとしては、「改修」というのは、我々の生活を支えている道路や家の、弱かった部分や劣化してしまった部分に対して、修繕や修理していくというものです。

一方で「改善」というのは、問題点とされる部分に対して、様々な策や方法、技術を用いて、更に良くしていこうという意味があるのです。

以上が「改修」「改善」のまとめとなります。