スポンサーリンク

「内臓脂肪レベル」と「皮下脂肪率」の違いとは?徹底的に解釈

スポンサーリンク
「内臓脂肪レベル」と「皮下脂肪率」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「内臓脂肪レベル」「皮下脂肪率」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「内臓脂肪レベル」とは?

内臓脂肪レベルは、ないぞうしぼうれべると読むのが正解な言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば分かる事でしょうが、ないぞうの周囲に存在するしぼうといった意味を持っている内臓脂肪の漢字に、水準とか段階等の意味を有するレベルの文字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ内臓脂肪レベルは、内蔵脂肪がどれ位体内に蓄積しているのかを数値化したものを表すのです。

「内臓脂肪レベル」の言葉の使い方

内臓脂肪レベルは、内臓脂肪がどの程度蓄積しているのかを示す数値といった意味で使われる言葉となっています。

要するに、内臓の周りに脂肪がどの位付いているのかを表す数値といった意味の言葉として使用されているのです。

「皮下脂肪率」とは?

皮下脂肪率は、ひかしぼうりつと読むべき言葉となっています。

漢字で書かれたこの言葉を見れば理解出来る事ですが、ひふの下に蓄積されるしぼうという意味の皮下脂肪の漢字に、割合やひりつ等の意味がある率の漢字を加える事で完成した言葉です。

以上の事から皮下脂肪率は、体重の内で皮下脂肪の重さが占めている割合を示します。

「皮下脂肪率」の言葉の使い方

皮下脂肪率は、体重に対して皮下脂肪の重さがどの程度の割合であるかを指し示す数値といった意味で用いられて言葉です。

つまり皮下脂肪率を調べる事で、皮膚の下に蓄積される脂肪である皮下脂肪の割合が、多いか少ないかを知る事が出来ます。

「内臓脂肪レベル」と「皮下脂肪率」の違い

内臓脂肪レベルと皮下脂肪の文字表記を並べれば、内臓、レベルと皮下、率という文字の違いがある事に気付けるものです。

所が脂肪という漢字は共通しており、どちらも脂肪に関する数値といった意味の言葉として使用されています。

とはいえ内臓脂肪レベルは、内臓の周囲にどの程度の脂肪が付いているかを示す数値を表すのです。

一方の皮下脂肪率は、体重に対して皮膚の下に蓄積する皮下脂肪の重さが、どの程度占めているかを示します。

まとめ

2つの言葉は共通する漢字が存在するだけでなく、共に脂肪に関連した意味を持つ言葉同士です。

ただし内臓脂肪レベルは、内臓の周りに付く内臓脂肪がどの位蓄積しているかを数値化したものという意味に使われる言葉となっています。

対する皮下脂肪率は、皮下脂肪の重さが体重に対して占めている割合、という意味で用いられる言葉です。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典