スポンサーリンク

「迂闊」と「油断」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
「迂闊」と「油断」の違い生活・教育
スポンサーリンク

この記事では、「迂闊」「油断」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「迂闊」と「油断」の違い

「迂闊」「油断」は、どちらも似たような意味合いで「注意ができていない状態」の為、失敗や負けなどを招くということが共通しています。

「迂闊」とは、ぼんやりしていて注意がゆきとどかなかったという意味になります。

気を引き締めることなく、ぼんやりとしている、いわゆる気がまわらない、抜けているといった感覚を表します。

一方の「油断」は、気をゆるめてしまう、注意を怠るといった意味です。

いつもはしっかり気をつけているのに一瞬たるんでしまう、もしくは「大丈夫だろう」と勝手に安心して注意することを怠けてしまうといった意味合いとなります。

簡単に違いを覚えるならば「迂闊は注意がゆきとどかないこと」「油断は注意をさぼること」となります。

「迂闊」と「油断」の使い方の違い

「迂闊」「油断」はどちらも注意ができていない、ぼんやりとしているといった意味は同じです。

ですが、微妙な意味合いの違いがありますので使い方を分けることができます。

最初から気がついていない、ぼんやりしていて注意ができていないといった場合は「迂闊」が当てはまります。

わかりやすく言えば「最初から注意できていない」わけです。

一方の「油断」は、気をゆるめてしまうこと、注意をしなければならないとわかっているのにさぼってしまうことといった時に使います。

慣れてきたから手を抜いてしまう、わかっているはずなのに一瞬気がゆるんだといった場合に当てはまります。

つまり「わかっているのに注意をさぼった」という状態です。

例えば、仕事で失敗した際「迂闊でした」と言えば「そこまで気がついていませんでした」という意味合いですが「油断していました」の場合は「わかっていたのに注意を怠りました」という意味合いになります。

「迂闊」と「油断」の英語表記の違い

「迂闊」“careless”(不注意な)“thoughtless”(思慮のない)などと表記します。

「油断」“carelessness”(不注意)“negligence”(怠慢)などと表記します。

「迂闊」の意味

「迂闊」は、ぼんやりとしていて注意がゆきとどかないことという意味になります。

つまり、ぼんやりしている、しっかりしていない、気づきが悪いといった意味合いで使われます。

悪意があって注意をさぼるのではなく、気が利かないといったイメージです。

「迂闊」の使い方

「迂闊」とは、ぼんやりして注意ができていないという意味です。

物事をする際に、先のことまでしっかり考えていない、注意ができていないという時に使います。

人が失敗した際に「なんとも迂闊なことだ」と言いますが、これはぼんやりして注意をしていないから失敗をするのだという意味を込めて使います。

また、人に注意を与える際に「迂闊なことはするな」「迂闊な手出しはならない」と言います。

これはよく考えもせずに行動すれば、失敗したり痛い目を見るといった意味が込められているのです。

「迂闊」を使った例文

・『しっかり者の課長が、なぜこんな迂闊なことをしたのか不思議だ』

・『他人を信用するなんて僕が迂闊だった』

・『最後まで責任を持てないならば、迂闊な手出しをしないでもらいたい』

・『あの女は噂好きなのに、計画のことを話してしまうなんて迂闊もいいとこだぞ』

・『彼が迂闊なことをして、私に迷惑ばかりかける』

「迂闊」の類語

・『浅はか』

・『不注意』

・『無思慮』

・『ちゃんらんぽらん』

「迂闊」の対義語

・『抜け目がない』

・『慎重』

・『熟慮』

「油断」の意味

「油断」とは、気をゆるめる、注意を怠るという意味です。

しなければならないとわかっていてもさぼってしまう、といった意味合いでもあります。

「油断」の使い方

「油断」は、本来ならばわかっていることなのに、気をゆるめたり、注意することをさぼるといった時に使います。

人に気を抜かず注意をすることを伝える時に「油断するな」「油断しないで」と言います。

また相手を警戒しなくてはいけない、甘く見てはいけないといった意味で「油断のならない相手」「彼は油断できない」などと、使います。

「油断」を使った例文

・『あれほど油断するなと言ったのに、どうしてしっかり見張っていなかったのだ』

・『勝てると思って油断したら駄目だ、最後まで集中しろ』

・『高校生だと思って油断していたが、かなり手ごわい』

・『油断して大失敗なんて、言い訳にならないな』

・『あなたはすぐに油断するタイプだから心配だ』

「油断」の類語

・『怠慢』

・『不覚』

・『気のゆるみ』

「油断」の対義語

・『警戒』

・『用心』

・『細心の注意』

・『目を光らせる』

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「迂闊」「油断」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも「注意ができていない状態」という意味は共通しています。

それぞれの言葉の意味を正しく理解してふさわしい方を選び使うようにしてください。

生活・教育
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典