スポンサーリンク

「Area」と「field」の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「Area」と「field」の違い英語

この記事では、「Area」「field」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Area」とは?

最初に“Area”の意味をご説明致します。

“Area”の意味としては、対象・指定の面積であったり地域、地方、区域や範囲という意味をもっております。

“Area”に関しては以上となります。

「field」とは?

次は“field”の意味を取り上げていきます。

“field”の意味は、野原や畑、田畑、などの広大な土地を意味しているのです。

“field”の意味は以上とします。

「Area」と「field」の違いとは?

ここでは“Area”“field”の違いを解説していきます。

“Area”というのは、対象・指定の面積や地域、地方、区域や範囲などという意味を持っているのです。

一方で、“field”というのは、野原や高原、田畑や牧草地などの広大な土地を表す際に使われることが多い傾向があります。

“Area”“field”の違いになります。

次は例文を見ていきます。

「Area」を使った例文

次は「Area」を使った例文を書いていきます。

・『This area has long been famous for its insecurity』(この地域は昔から治安が悪いことで有名だ)
・『I heard that the detective in charge of that area is very good』(あの区域の担当の刑事は、とても優秀だと聞きました)
・『The area of this land is very large』(この土地の面積は非常に広い)
・『It seems that storm warnings are issued for each area』(区域毎に暴風警戒警報が出ているらしい)
・『The Pacific War has ignited most areas』(太平洋戦争で殆どの地域へ戦火が及んでしまった)

「field」を使った例文

最後に「field」を用いた例文を書きます。

・『Today is the day when there is work in the field』(今日は畑の作業がある日だ)
・『It is very difficult to maintain the fields, but it is worth the effort』(田畑の手入れは非常に難しいが、遣り甲斐がある)
・『I want to run around the field without thinking about anything』(野原一面を、何も考えずに走り回りたい)
・『Freshly caught vegetables in the field are fresh』(畑で獲れたての野菜は新鮮だ)
・『Something seems to be built in the field』(野原に何か建設されるようだ)

まとめ

最後のまとめとしては、“Area”というのは、地域や地方、区域などの限られた場所などを意味しております。

“field”というのは、野原や牧草地、畑や田畑などの広大な土地を意味しているのです。

英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
違い比較辞典