スポンサーリンク

「荷重」と「圧力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「荷重」と「圧力」の違いとは?違い
スポンサーリンク

この記事では、「重荷」「圧力」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「重荷(おもに)」とは?

「重荷」とは、「重い荷物」「能力を超越した大きな責任」を意味する言葉です。

「重荷」の使い方

「重荷」は名詞として使われています。

「圧力(あつりょく)」とは?

「圧力」には以下の意味が含まれています。

「押さえつける力」「気体や液体、個体が、ある面を境にして、その両側から垂直に押し合う力」を意味する言葉であり、単位は「パスカル」「アト」「水銀柱メートル」
「威圧して、相手を服従させようとする力」
「圧力」の類義語には「プレッシャー」「外圧(がいあつ)」などがあります。

「圧力」の使い方

「圧力」は名詞として使われています。

「重荷」と「圧力」の違い

「重荷」とは文字通り「重い荷物」のことや、「大きな責任」という意味を表す言葉です。

対して、「圧力」「押さえつける力」や転じて、「威圧して服従させようとする力」という意味を表す言葉です。

「重荷」の例文

・『彼は腰痛を持っているので、重荷はなるべく運搬させないように気を使わなければならない』
・『彼女にとってリーダーは重荷であったが、努力と根性で責務を全うした』
・『まだ幼い頃の私にとって、親の期待を一身に背負うことは重荷であった』

「圧力」の例文

・『加える圧力の大きさによって、対象にどのような変化が表れるかを観察している』
・『既得権益をうち砕こうとする活動団体に対して、外部から圧力が加えられた』
・『圧力に屈さず、抵抗し続けた結果、彼らは政権を掌握することに成功した』

まとめ

「重荷」「重い荷物」「能力を超越した大きな責任」を意味する言葉です。

そして、「圧力」「押さえつける力」「気体や液体、個体が、ある面を境にして、その両側から垂直に押し合う力」など物理的な「力」のほか、転じて、「威圧して、相手を服従させようとする力」という意味も含んでいます。

違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典