スポンサーリンク

「クツワムシ」と「キリギリス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「クツワムシ」と「キリギリス」の違いとは?動物・植物・昆虫
スポンサーリンク

この記事では、「クツワムシ」「キリギリス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クツワムシ」とは?

「クツワムシ(轡虫)」とは、バッタ目キリギリス科に属している昆虫のことを意味しています。

体長は約5センチで、翅が幅広く、体色は緑色や褐色をしています。

「クツワムシ」は夜行性で、クズの葉などを食べる草食性です。

秋に鳴く昆虫の一種で、オスは「ガチャガチャ」と鳴きます。

「クツワムシ」には「管巻(くだまき)」「ガチャガチャ」の別名があります。

「キリギリス」とは?

「キリギリス(螽斯・螽?・蛬)」とは、バッタ目キリギリス科キリギリス属に分類されている昆虫の総称を言います。

また、日本に生息している「ヒガシキリギリス」「ニシキリギリス」の総称を指しています。

あるいは、バッタ目キリギリス科の総称になっていることもあります。

さらに、「キリギリス」「コオロギ」の古い呼び方でもあります。

体色は緑色や褐色で、体長は種によって異なりますが、3センチから4センチ前後の大きさがあります。

「バッタ」と比べると、触角と脚が長いのが特徴です。

秋に鳴く昆虫で、オスは「ギイーチョン」などと鳴きます。

「キリギリス」の別名には、「ギス」「ギッチョン」「ギッチョ」などがあります。

「クツワムシ」と「キリギリス」の違い

「クツワムシ」「キリギリス」の違いを、分かりやすく解説します。

「クツワムシ」とは、バッタ目キリギリス科の昆虫のことを表しています。

一方、「キリギリス」はバッタ目キリギリス科キリギリス属に分類されている昆虫や、「ヒガシキリギリス」「ニシキリギリス」のことなどを意味しています。

「クツワムシ」「キリギリス」は、鳴き方が異なります。

また、「クツワムシ」は草食であるのに対し、「キリギリス」は肉食の昆虫です。

他にもいくつかの点に違いが見られます。

まとめ

「クツワムシ」「キリギリス」はどちらもバッタ目キリギリス科に属していますが、さまざまな違いがあります。

「クツワムシ」「キリギリス」など、秋を代表する昆虫の特徴や違いを知ることで、さらに興味深く感じられるかもしれません。

動物・植物・昆虫
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典