スポンサーリンク

「求職」と「転職」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「求職」と「転職」の違いとは?分かりやすく解釈ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク

この記事では、「求職」「転職」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「求職」とは?

「求職」「きゅうしょく」と読みます。

「求職」「職を探し求めること」という意味があります。

仕事を探して職安などに通うような活動を、「求職活動」と呼びます。

会社をクビになってしまった人が、職を求めている様子に対して、「クビになったため、休職する必要がある」などという文章にすることができます。

「転職」とは?

「転職」「てんしょく」と読みます。

「転職」「他の職に変わること」という意味があります。

例えば、会社員をしていた人が、会社を辞めて起業して、自営業者になることがあります。

このような場面で、「会社員が、自営業者に転職する」などという文章にすることができます。

「求職」と「転職」の違い

「求職」「転職」の違いを、分かりやすく解説します。

「求職」「転職」も、どちらも職を探し求めるという意味が含まれています。

ただし、「転職」の場合は、「他の職に変わること」という意味があり、現在の仕事があるうえで、他の仕事に変わるという意味が含まれています。

無職の場合は、現在の仕事がないため、新しい仕事を得ようと活動する時、「転職」とは呼ばず、「求職」になります。

このように、純粋に仕事を求める場合は「求職」となり、現在している仕事を辞めて、新しい仕事を求める場合は、「転職」という言葉を使います。

「仕事を求める」という部分に重きを置く場合は「求職」となり、「仕事を変える」という部分に重きを置く場合は、「転職」という言葉を使うようにしましょう。

まとめ

「求職」「転職」の違いについて見てきました。

「求職」「職を探し求めること」という意味があり、「転職」「他の職に変わること」を意味します。

基本的に、「求職」は、仕事がない人が仕事を探す場合に使う言葉なのに対して、「転職」は、仕事をしている人が、他の仕事に変わる場合に使う言葉という違いがあります。

ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
違い比較辞典